ソフトハートが就業規則を開示しない理由?

現在神戸地裁で闘われている地位確認請求事案での争いは、新世紀ユニオンが書面で請求した就業規則とレジ取扱規則の開示を求めたことが原因で解雇にまで至った事案です。解雇になったAさんが不当にレジの違算でっち上げで退職強要を受けていた時、Aさんが「元通り働き続けたい」ということであったので、電話でソフトハート研究所の窓口の役員にレジの取り扱いを定めたパンフレットがあることを確認して開示請求したものです。開示されたら働き続けるだけなので簡単に交渉で解決できると考えていました。

ところがソフトハート研究所は就業規則とレジ取扱規則の開示を「必要ない」と拒否し、裁判ではレジ取扱規則は存在しない、と嘘をついてきました。また新世紀ユニオンが団体交渉を拒否したと主張してきました。実際には就業規則とレジ取扱規則の開示がされたら交渉を申し入れると何回も表明しています。

当時、新世紀ユニオンは厚労省の紹介で兵庫労働局に相談して就業規則の開示を迫る計画を進めていました。この労働局との相談の中で、就業規則の開示をしないのは偽装請負の可能性がある、との指摘を受けていました。実際はレジ要員の派遣であるのに、レジ業務の請負を偽装しているのではないか?との疑いが浮上していたのです。

裁判でも被告ソフトハート研究所は就業規則を開示していません。就業規則が「意味がないと」開示を拒否しています。であるなら解雇(被告によれば雇止め)の法的根拠はないことになり既に勝敗は明らかです。この裁判は6月8日に証人尋問がありその後結審となります。

新世紀ユニオンではこの裁判が終了してからソフトハート研究所の偽装請負と就業規則を開示せず、またレジ取扱規則を開示せずに違算をでっち上げ退職強要する手法を暴露する宣伝を開始し、労組としての空白経営への宣伝を開始していく計画です。

ソフトハートは偽装請負の手法で派遣法の法的義務を回避する違法な事をしており、新世紀ユニオンとしては、このまま悪事を見逃すことは出来ません。したがって裁判が終結してから本格的な大衆闘争に移行する計画です。また悪辣な違法行為を指導した被告側弁護士に対する大阪弁護士会への懲戒請求も検討しています。ソフトハートが就業規則を開示しないのには理由があったのです。偽装請負が明らかとなると受け入れ先スーパーに正規雇用しなければならなくなります。正規雇用にしたくないからAさんを解雇したという訳です。解雇したことで偽装請負は裁判の争点とはならなくなりました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

皆んな応援しています。訳のわからない変な会社に来てしまって大変でしたね。明日の裁判も落ち着いて頑張ってくださいね。

反省の見えない薄汚い企業はとことん晒し上げましょう!経営者の顔写真付きで住所、氏名、電話番号、資産を付帯して•••。こう言う事を早く法制化しろよ!屑政治屋ども!

伊丹の恥

ソフトなハートが、無さそうな会社ですね。。。

おかしなソフトハートのHP

 ソフトハートのホームページは「レジ請負」となっていたのが、突然「派遣業」に変わります。おかしな会社です。

就業規則を開示しなければ勝負ありですね。
開示しない理由には偽装請負などの問題が山積してるのでしょうね。そう考えても不思議じゃない。

しかし、もう証人尋問とははやいですね。
Aさん、頑張って下さい。

Aさん、頑張って下さいね。
応援に行きますね。

就業規則を出さないとは?

会社の対応には、ただただ呆れるばかりです。
裁判官も同じ気持ちじゃないでしょうか?
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード