被告企業側の弁護士が嘘八百を並べることについて!

電話相談でも、裁判で被告側が嘘ばかり並べてきたと相談して来る人が少なくありません。新世紀ユニオンの訴訟においてもこの特徴は変わりません。特に3流弁護士の特徴で原告の労働者がいかに協調性がないか、いかに独善的で職場を混乱させたか、いかに原告がトラブルメーカーであるか、これでもか、と言うぐらい捏造してきます。

被告が違法解雇しているのを、原告の側に人間的非があるかのように主張してきます。つまりそれが労働裁判では当たり前だということを知ってください。中には被告の書面を読んでうつ病が悪化する人もいます。裁判官に、いかに原告が悪人かを並べれば勝てると思っています。

しかし原告の弁護士の方はたくさん捏造すれば崩しやすいので、人格攻撃するしか能のない被告側の3流弁護士はむしろ闘いやすいのです。そのように考えて下さい。

相手のデタラメ・ねつ造書面をいちいち気にしていたらきりがありません。つまり裁判では「戦略的に相手を蔑視し」「戦術的には相手の嘘を重視し、一つ一つ反論で崩していく」このスタンスが重要なのです。

特にパワハラ事案では被告企業側は必ず、仕事上のトラブルに仕立ててきます。実際には人格権侵害の精神的暴力でも、仕事の上のトラブルに仕立てるとパワハラと裁判官が認めないのでそのように嘘をついてきます。

ですからパワハラ事案の場合は録音があるかどうかが決定的に重要なのです。看護師や保健師の場合は能力は国家が保証しています。ですから被告企業は「協調性がない」「自分の流儀にこだわる。」「トラブルメーカー」に仕立て上げるのです。このような場合でも詳細な反論文や記録が役に立つことになります。

ですから裁判では相手の書面でいちいち苦しむことはせず。戦略的に蔑視し、戦術的な反論は弁護士に任せるようにして、精神的に消耗しないようにしましょう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

明らかに嘘の主張でも裁判官にいいように引用されることもあるのでご注意を。
当然企業側弁護士は依頼人の利益の為と言い訳をして金儲けをする人間のクズですが、裁判官も出世と手間を重視する屑が一定数紛れ込んでます。

No title

そんな悪どい事は、裁判では可能です。
しかし、事実でない証拠は出て来ない。
結局、噓つきであると証明されるんでしょうが、
労働者の皆さんは、決して落ち込まない事。
他の被害者のためと毅然と戦ってください。

裁判の最中に、原告を貶める嘘を作り上げる行為は、「偽証罪」に当たらないのでしょうか?かつその内容は公の場で発せられるので「名誉毀損」ではないでしょうか?ブラック企業の不正やり得は微塵も許す事が出来ません。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード