誰がブラック企業をはびこらせたのか?

現在新世紀ユニオンが相手にしているブラック企業と事案の内容は以下の通りです。

・フーマワタナベ<残業代を請求したら不当な懲戒解雇・裁判中>
・ビーピー・カストロール<パワハラの隠蔽と不当解雇で裁判中>
・ソフトハート研究所<契約書の偽造・違法解雇・就業規則等の非開示で裁判中>
・菱江ロジステックス<国籍差別・パワハラで休職・不当な対職扱いで裁判中>
・上ヶ原病院<パワハラ・不当労働行為で労働審判中、うつ病で労災申請中>
・小阪病院<パワハラ・院内保育所の偽装閉鎖・違法配転等訴訟準備中>
・伊藤製油<4年前のメールと届けた欠勤を無届だとして違法解雇・裁判中>
・田能老人福祉会<保健師さんを違法解雇で裁判中>
・甲南大学<教授のパワハラ・大学の管理責任の放棄で裁判中>
・京都府立大学<裁判の和解条項違反・団交で和解を拒否、地裁調停中>
・ホテルプラザおおさか<脅迫して退職届をかかせる。団交で和解拒否>
・アーディック<残業代を請求したら違法解雇・先日裁判上の和解が成立した>
・ナニワ計算センター<マタニティーハラスメントで退職強要、重いうつ病に、現在労災再審査請求中>
・SUMICO<賃金約200万円プラス利子の未払い、裁判所の支払い命令が確定するも高木一優が未払いで逃亡>
・ウエノビジネスグリル<裁判で和解が成立したが支払わず会長上野宏が逃亡>
このほか現在退職強要を受けている組合員が数名います。安倍政権になってからブラック企業が激増しています。安倍政権の労働問題での規制緩和が、企業を規制緩和を先取りする違法行為に駆り立てています。例えば解雇の自由化を安倍政権が検討していることが違法解雇を激増させているのです。政治が規制緩和を検討すると企業の先取りが増えるのが日本の特徴なのです。

残業代を払わない、就業規則を開示しない、逆らうものは解雇、弁護士が違法行為を指導しているのが特徴です。ところでブラック企業は資本主義経済の公平な競争条件を破壊します。真面目に残業代を払っている会社は競争で不利になるのです。こうしてブラック企業の増加とともに違法行為が激増し、野蛮な搾取がふえ、新世紀ユニオンが多忙となります。ブラック企業の増加は野蛮な搾取と労働の奴隷化を促します。日本社会が劣化し、労働条件が劣悪化し経済が縮小(=デフレ)します。
ブラック企業増加の張本人は規制緩和を進めた安倍首相であるのは明らかです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード