ユニオンを罠にかける事を書いた理由!

新世紀ユニオンは様々な罠をかいくぐり今日まで闘ってきました。実際にはもっと生々しい具体例がありますが、それは書いていません。組合員であっても公安の手先になり罠に加担する場合が有ります。例えば、組合員から「雇用保険の認定日を忘れていたので、裁判の打ち合わせがあり出れなかった。という書面を書いてくれ」と申し出てくる場合があります。

裁判の和解が成立してから、そのような申し入れがあれば、すぐ罠と分かります。有印私文書偽造・同行使で逮捕し「ガサ入れ」ができます。その組合員は裁判で相手企業が刑事告発をにおわしていた事があったので、すぐ罠だと分かりました。

新世紀ユニオンは、本来ナショナルセンターがやるべき事がやられていないので、小さいながら、その役割も果たそうとしているので攻撃も多いのです。労働者の闘いから教訓をくみ取ること、労働者の全国的な闘いの方向など、本来は全国的労組が行うべきことです。とくにリストラとの闘いの戦術レベルを上げることは非常に重要なことであり、新世紀ユニオンはその役割を果たしていくことが重要だと考えています。

新世紀ユニオンが教訓化したものは出来るだけ公表し、全国のユニオンの役に立てばと考えています。また組合員に教訓を理解して貰うことは、後継者を育てることであり、今後の日本の労働運動を発展させる上で重要なことです。もちろんブログで公表することは敵である企業も参考にするとはいえ、現状ではユニオンの戦術レベルを高め、ユニオンが罠にかかり潰されることのないように、存続・発展して欲しいと思い書いています。

日本の政府や財界が労働運動を敵視し、スト迷惑論を振りまき、あげく総評を解体し、企業内労組を飼いならし、家畜化して、その上で非正規化と長時間労働など労働条件を悪化させ、日本経済を縮小再生産の「負のサイクル」に巻き込んだことは、強欲が過ぎたというべきであり、現在の労働者の追いつめられた状況を改善するのは、ユニオンを拡大強化し、労働者の闘いの砦を強化していくほかないのです。

今後とも、私が実践の中で学んだ事をできるだけ公表していきたいと考えています。教訓は労働者全体のものとしなければならないと考えています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード