上ヶ原病院を潰した方がいいという意見について!

Aさんがいじめを受けている中で新世紀ユニオンは密かに組織化を準備してきました。いまでも内部に複数の***がいます。ですから今でも上ヶ原病院をまともな病院にできると私は思っています。

最もあの意地悪な看護師集団がいるので、確かに難しいのは分かります。美人だからと仕事を教えず、ミスをわざとさせるような意地悪がまかり通り、結果上ヶ原病院は意地悪な不美人看護師集団が形成され、入院の環境もあらゆる面でよくないので患者には人気がありません。

最近、上ヶ原は潰した方がいい、という意見が複数ユニオンに寄せられています。上ヶ原の職員の中に不満が有るのは分かりますし、診療報酬の不正請求を告発されたから職員のボーナスを全額カットするのもおかしなことです。その前に幹部の高い給料をカットすべきだという意見も理解できます。

しかし上ヶ原で働いて、生活を支えている多くの方がいます。いまのままでは意地悪看護師グループのせいで上ヶ原病院が潰れるのは確実です。それは病院の待合室を見ればわかります。しかしそれでは職を失い困る人がたくさん出ます。新世紀ユニオンは上ヶ原をまともな病院にしたいと考えています。

支持者やサポーターの理解を得て、この戦略方向で今後の闘いを進めていくことに共感を寄せていただき、上ヶ原の病院の悪しき面を書き込みや、メール等で御指摘して頂きたいと思っています。

日本の司法や裁判官の中には始めから経営者支持の悪辣な人物が多くいます。それは情けないが事実です。そのような場合は裁判以外の闘い方を選択するほかない、ということです。合法的手段を尽くしても駄目な場合私的報復も許されます。しかし、まずは合法的手段を尽くしたいと私は考えています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

くされた病院?

こんな職員を大事にしない病院は、次々、辞めても不思議ではない。
反省してないようだから徹底的に闘うのみ!

上ヶ原はつぶれるかも?

 うわさでは看護師が次々辞めているらしいです。外来の看護師が見かけなくなりました。

ブラック病院

前の裁判でもやられてるのに、本当に反省する気が無いのであろう。こんな病院を潰したいという意見も分かる気がする。しかし良く患者のケアが出来るなと思う。私は、こんな病院には絶対にいかない。

前からおかしいと・・・

 クスりの使いまわしに、診療報酬の不正請求、ブス看護師の意地悪ないじめ。違法解雇に、果ては入院患者の食事にはゴキブリですか、院内感染が多いこともありますし、なぜ上ヶ原の待合室がガラガラなのか、前からおかしいと・・・やっと理解できました。
 こんな病院で診察して貰うのは怖いです。

誤解を避けるために

 一部に誤解が生まれています。委員長が「私的制裁」というのはあくまでも「合法的制裁」のことだそうです。たとえば客商売の会社に争議宣伝のチラシを全戸配布で暴露したらその企業には致命的打撃になりますから、そのような場合は「制裁」は控えているそうです。

 上ヶ原病院の場合はまともな病院にするための闘いですから、争議宣伝は今のところ控えているそうです。 それは病院のためではなく、そこで働くまじめな職員のためです。委員長は、病院経営者とパワハラ看護師が反省されることを期待しています。そうしないと病院の悪い評判が広がるばかりです。
 労働審判では嘘ばかり並べて少しも反省していません。ですから戦術はエスカレートするそうです。
 何人かの組合員から委員長が訴えられないか、心配する声が届いているそうなので、ブログ管理人として説明しました。

まさにCrisis・・

いつでも動ける状態を作っておく事が重要

悪は滅びるのではなく滅ぼされるということ

これはあくまでも個人の独り言ですので

ユニオンとは関係有りませんとだけ付け加え

ておきます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

壮絶なイジメと薬の使い回し

「潰れて銀行管理などになって、今の幹部が総辞職しなければ、良くならない」と他の法人に譲渡されることを望んでる現職員は大勢います。
改善してもらうために・・・
今まで虐められて退職に至った大勢の職員達のエピソードは陳述できますね。
他に亡くなった患者さんの薬を院長は使い回すために薬局に持って行ってました。
これは薬剤師さんの裁判で病院は認めてたんですよね。

上ヶ原の入院患者は気の毒

 トイレからの書き込みです。
 入院患者の食事にゴキブリが這い回っていても、食事は破棄されません。これは事実です。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード