ビーピー・カストロール親会社のパワハラ調査のインチキ!

被告会社BPグループの監査チームによる調査(オープントーク)として行われた当該インタビューは、極めて公正性に欠けるものです。例えばミスコミュニケーション防止のために当初インタビューを録音されていたにもかかわらず、原告のAさんが「人事部は、被告奥氏のパワハラの事実を、隠蔽している」旨主張すると、不当にも突然録音が中止された。

また、同監査チームは、被告会社による調査が適正に行われていたと認定したとするが(18頁)、監査チームは、「傷病賠償保険申請書を2016年(平成28年)6月22日に当局へ提出済みであることを確認しました」と報告している(甲17)。しかし、被告会社は、傷病賠償保険申請書を2016年(平成28年)7月8日付で提出していると通知していたのであるから(乙17)、どちらかが嘘であり、監査チームによる調査は、極めてズサンかつ不正確であったと言える。さらに、おどろいたことに報告書(甲17)では、申請書の提出日について、英文で「on 22 July 2016」(2016年7月22日)と記載されている。

ビーピー・カストロールのパワハラ調査が、いかにいい加減な調査だったかがわかる。普通、録音を途中で止めるとかありえない。録音を途中で止めれば証拠として採用されないからだ。やましい事を原告に追求されたからであることは明らかだ。その場しのぎのでっち上げを企むものは、嘘に嘘を重ね、どれが事実かも本人が分からなくなったのは明らかだ。

なお、本件の調査員は以下の3名
・Wen Brotter氏(Regional HR Director)
・渡辺氏(Country Finance Manager)
・加藤氏(Industrial Country Manager)

呆れるオープントークからの回答を一部のみだが紹介する。内容は以下の通り。

The interview recording of 30 August 2016 was stopped after the specific issues you raised in your Open Talk complaints had been fully discussed.

2016年8月30日のインタビュー録音は、あなたがオープントークに報告した問題点についてすべて話し合われた後に停止されました。

However details of your discussions following the end of recording were nonetheless recorded in written format by the three persons in attendance, and included in the report reviewed by the investigation team.

一方、録音が終わった後も、引き続きあなたからお話しのあった内容については、出席した3名のインタビュアーによって文書で記録され、調査チームへの最終レポートにも含まれていました。

このように、当方に記録があるのに平気で嘘をつきます。あくまでも知らぬふりです。パワハラの面談は形式だけであり、BP本社もハラスメントを隠蔽する姿勢に変わりありませんでした。「ハラスメントや脅迫のない職場を提供する」という「BP行動規範」は空洞化しています。この無責任な体質の結果、今回の訴訟になったのです。世界のメジャー「英国石油」が恥知らずな状態にあることは明らかです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

「当方に記録があるのに平気で嘘をつきます。」
うけますね笑。早く裁判で事実を暴いて欲しいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ビーピーという会社は全世界で腐り切ってるんでしょうね。
こんな、調査をするんですから。。。いい加減すぎますね。

保身の為に恥知らずな嘘をならべたてる行為は、国内外人種を問わずブラック企業に共通していますね。嘘一つ一つにそこの経営者の人間性が如実に反映されているのが良くわかりますので思わず笑ってしまいます「うちとおんなじ〜」って。日本と言わず世界中に晒してあげたいですね。グローバルなんでしょうから。

組合員

判決を持って恥をかかせる これが、一番パワハラの改善になる。
そして、このオープントークとやらを再度やる。団体交渉もやる。徹底的に戦う。これが新世紀ユニオンだ。

Aさん、頑張れ!!!

体質を改善せよ!

イギリス政府は26日、電気自動車の技術や普及の面で世界をリードするとして、ガソリン車やディーゼル車の販売を2040年以降、禁止すると発表しました。ヨーロッパではフランス政府も同じような措置を決めていて、環境規制の強化を背景に「車の電動化」の流れが今後さらに加速しそうです。
イギリス政府は26日、国内でのガソリン車やディーゼル車の新車の販売を2040年までで終わらせ、それ以降は禁止すると発表しました。イギリス各地で深刻になっている大気汚染対策の一環として決めたもので、イギリス政府は電気自動車の技術や普及の面で世界をリードしたいとしています。

ヨーロッパでは、地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」を主導したフランスが今月、同じようにガソリン車やディーゼル車の新車の販売を2040年までに禁止すると発表していて、車に対する環境規制を一段と強化する動きが相次いでいます。

すでにヨーロッパの自動車メーカー各社は、スウェーデンの「ボルボ」が2019年以降すべての車種を電気自動車やハイブリッド車にすると今月初めに発表したほか、ドイツの「BMW」も傘下のブランドのすべてのモデルに電気自動車などを設ける方針を明らかにしており、環境規制の強化を背景に「車の電動化」の流れが今後さらに加速しそうです。

このように脱石油の動きが加速しつつある。このような状況下でブラック企業に未来はないであろう。まずは、隠蔽体質、パワハラ体質を改善すべきでは?社員が可哀想で仕方がない。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード