FC2ブログ

本日、2017年度活動総括(案)を書きました。

新世紀ユニオンの活動を前進させるには活動を正反両面から総括し、運動と活動を改善しなければなりません。詳しくは9月号のユニオン・ニュースに掲載しますが骨子だけでも紹介します。

2017年度の政治の特徴は、安倍政権によって「共謀罪」法案が施行したことです。安倍政権の「働き方改革」は長時間労働の内残業代を払わなくてよいようにする「残業代ゼロ法案」裁量労働制の拡大で、日本の労働者全体で8,5兆円も時間外賃金が減少します。つまり政治反動と搾取の強化はセットで進んでいくのです。

こうした政治反動の時代には新世紀ユニオンの活動形態の多様化を進めなければならないこと。特に解雇の金銭解決や解雇の自由化はユニオンの財政基盤を破壊するものであるので、ユニオンの組織・財政からの強化として組合員の拡大が不可欠となっていること。

今年度組織拡大で前進したのは大学の先生たちの組織化が前進したことです。ユニオンに知識人が増えた事は新世紀ユニオンの活動全体に大きな変化をもたらすでしょう。ポーランドの「連帯」が大きな力を発揮したのは労働者が知識人と固く団結したゆえでした。日本の社会の大掃除をできるだけの力を日本の労働者が持つのはいつのことでしょうか?

政治の反動化、司法の反動化の中では、ユニオンの活動形態の変化・多様化が不可欠です。今年の大会の主要な論議のテーマとなるでしょう。新世紀ユニオンが大きくなれば大衆運動で事案を解決していくことも必要になっています。特に裁判所がユニオンや労働者に厳しい判決を下すようになると、活動形態の変化は不可欠です。

新世紀ユニオンの2017年度活動総括(案)はこうした面から大会で討議をして頂きたいと考えて書きました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

日本の大掃除を!

 自分の闘いが終わるとすぐユニオンを辞める人が多いそうですが、日本の大掃除のためには団結を拡大しなければなりませんね。
 一人ひとりが職場の核にならないといけません。

No title

研究不正やハラスメントをする側が守られる。
不正やハラスメントに協力しない者が研究界から排除される。

こんな現状をみてみぬふりする研究者が殆ど。
ややこしいことにまきこまれたくない。
自分さえよければいい。逃げ切りしか考えない。

日本の研究論文や環境が劣化し、
最近、Natureに2回も研究環境の改善を
と取り上げられても、何も動かない。

誰かがやってくれてあたりまえ、、ではなく
自分で研究環境の改善に取り組まないのかな?

研究不正やハラスメントに毅然と対応してほしいものです。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード