FC2ブログ

本日、解雇事案2件の相談を受けました。

1件は試用期間を2度も延長した上での、試用期間の満了で解雇だ、と言って退職届を書かされています。2件目は30年以上も働いた人が今年の営業成績が悪いと解雇されました。それも上司から「自己退職だ」と言われたといいます。

「試用期間の満了」で解雇という相談は最近増えています。その特徴は6カ月の試用期間を勝手に延長することです。「試用期間の満了」とは正社員だが試用期間中は解雇権留保つきの雇用が終わることです。つまり正式な正社員になることです。ところが試用期間をまるで期間契約のように労働者をだましています。

最近、「これは解雇ではない」「試用期間の満了だ」と言って詐欺的に退職届を書かせる手口が増えています。こんな手口に引っかかってはいけません。

また30年以上も、有給も取らず会社に貢献してきたのに、最近の営業成績が悪いとして解雇するのは明らかに違法です。しかもそれが「自己退職だ」と言うのですから理解しがたい話です。

こうした相談を受けていると日本は事実上解雇の自由化がされているのでは?と思うこともあります。ブラック企業はまるで詐欺師のように労働者をだまして退職届を書かせます。一度退職届を書くと、会社に退職届の撤回・取り消しを通知しなければなりません。通知をしても本人が退職を望んだと撤回しない可能性もあります。

本当は試用期間の理由もない延長は違法で、「試用期間の満了」と言う理由での解雇は有り得ないのに、労働者が必要な知識を持たないのでだまして退職届を書かせるのです。
解雇なら退職届は必要ありません。必要なのは解雇通告書です。退職届を出してしまうと90日間雇用保険(失業給付)を受けられません。絶対に退職届を書かないようにして下さい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード