FC2ブログ

新世紀ユニオンが雇用を守れるわけ!

先日2件の退職強要事案を解決しました。2件とも早めに相談していたので雇用を守ることができました。上司から「解雇だ」と言われ、「自己退職だぞ!」と言われた場合、これは解雇ではなく退職勧奨です。従って書面一つで撤回できました。

最近の無料労働相談で「解雇された」という相談のほとんどが退職勧奨です。「解雇だ!」と脅し挙げて退職届を書かせます。退職届を書かない時点で新世紀ユニオンに加入すればほぼ雇用は守れます。ここで「雇用が守れる」と言うのは、ユニオンの戦術指導通り本人が行動できる限りでのことです。

ユニオンに加入した人が「雇用を守れる確率はどのくらいか?」とよく聞いてきます。この場合の確率は本人がユニオンの指導を実践できるかどうかで決まります。指導をしてもその戦術的狙いを理解出来ず、あるいは実践する度胸がなければ雇用は守れません。

新世紀ユニオンに退職強要を受けている労働者が、私が早めにユニオンに来るよう電話で言ったのに、その人が来たのはず―と後の、退職届を会社に提出した後でした。この場合退職届を取り消したとしても会社がそれを認めるケースはほとんどありません。もっと早めにユニオンに来ていれば簡単に雇用を守れたのに残念な事でした。

つまり退職強要は、いったんは収まったように見えても、必ず形を変えて再び始まります。ですから早めにユニオンに加入し指導を受けられるようにすることが不可欠なのです。退職強要を受けている労働者は新世紀ユニオンが雇用を守ると、いつも不思議そうな顔をします。彼らは始め新世紀ユニオンの力を信じていないので、まるで手品を見たような不思議そうな顔をするのです。

私が、退職強要を撤回できるのは、上司の後ろにいる人物の考えを読んで書面を作るからです。退職強要する動機は、背景に営業譲渡に伴うリストラであったり、採算の悪化で費用価格を削減しょうと人員を削減するなどのリストラの計画があります。しかしその退職強要が解雇に発展する場合、合法的解雇の理由が成立しないように書面を出す、あるいは証拠を残すことが重要になります。

現代は、労働者の立場は極めて不安定で、いつリストラされるか?いつ解雇されるか分かりません。ですから労働者は信頼できるユニオンに加入して必要な知識を学び、解雇されない為には何をしたらよいかを常に考え、分からなければ指導を仰げるようにしておかないと安心して働けない時代なのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード