委員長のブログを証拠提出した田能老人福祉会!

優秀なベテラン保険師さんを違法に解雇した田能老人福祉会の悪辣極まる手口は労組として見逃すことはできない。だから裁判当初から新世紀ユニオンは宣伝してきたのだが、それがいたく被告経営者(=○○代表常務理事兼施設長さん)を怒らせた。世間の悪人は区別なく悪辣な手口を暴露されると噛みつくものだ。なぜならその手口が暴露されると、同じ手口を今後使えなくなるからだ。

田能老人福祉会は尼崎市の委託事業を行っている。今回被告の田能老人福祉会が乙14号証として提出した証拠は2016年12月27日の委員長のブログの記事である。ここに書かれていることは全て正真正銘の事実なのだが、被告は「様々な歪曲された事実」などと立証趣旨に書いた。

新世紀ユニオンの委員長のブログは既に31万人以上の拍手数に示されているように、日本の労働界でも高く評価され、多くの労組活動家が参考にしている。したがって裁判で追いつめられた被告企業がよく裁判書面でののしりの準備書面を出したり、ブログ記事を証拠提出して来るが、結果はすべて被告にとって無残な事となる。

そんなにこのブログ記事が「歪曲」というなら名誉棄損で損害賠償請求裁判をやればいいのだ。これまで一つとして訴えた被告企業はいないことが、このブログの権威をさらに高めてくれていると言える。優秀なベテラン保険師のAさんは期限の定めのない雇用で雇われた。ところが働きだしてから幹部から「嘱託」で1年の期間雇用で試用期間が6カ月の契約書を渡されたのである。この時は形式で更新するから同じだ、という説明でごまかした。(試用期間があるということは実は雇用契約が期限の定めのない雇用であったことを示している。)

ところが田能老人福祉会は尼崎市から委託金が振り込まれるやすぐに難癖を付けてAさんを自己退職に追い込もうとし、なかなか辞めないと知るや、大勢でつるし上げ(証拠の録音提出済み)、「試用期間の終了」で今日で終わり、明日から来ても金を払わない、旨申し渡され口頭で解雇された。(Aさんの前任者も同じころに辞めさせられているそうだ。)解雇理由証明書の発行を求めても回答もせず。1か月ほどたって無断欠勤で懲戒解雇された。つまりAさんは2度解雇されたのである。これは詐欺師のような手口で、しかもそれを弁護士が指導していたのであるから驚きだ。相手の今後の対応次第では弁護士会に懲戒請求を検討しなければならないし、官金横領のような手口を追求しなければならなくなる。

裁判は早くから被告の敗訴が確実なのに、被告側弁護士が自分の金儲けのために引き延ばしているだけの裁判だ。形式だと偽って「1年の期間雇用」に詐欺的にしている。だから引き延ばしても被告の払う未払い賃金は増えないと考えているのだ。引き延ばして増えるのは被告弁護士の報酬のみだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

早期解決望む

弁護士もアホですけど、弁護士の引き延ばし作戦、金儲け作戦に気付かない会社もアホ丸出しですね!

ブログ提出ですか・・・

ブラック使用者と長引かせ金儲け魂胆丸見え弁護士の、典型パターンですな。
31万人の読書の前で、恥かいとけ。

被告のくそたれ弁護士

くそたれ弁護士がユニオンのブログを裁判で提出する場合がほとんど。一流弁護士は、ユニオンのブログを証拠として出さない。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード