FC2ブログ

上司に呼び出された時の心構えについて!

労働相談で退職を促されたりした時、あるいは正社員を「パート契約に変える」「期間契約にする」などの雇用契約の不利益変更の場合の心構えを、労働者は常日頃はっきりしておくことが極めて重要なのです。

例えば会社の方は、本人の過去の仕事上の失敗、交通事故や営業成績が悪いこと、セクハラやパワハラ等些細な事をねつ造して持ち出してきます。過去の始末書を口実にされた人もいます。この時「負い目」に感じたりすると、不利益変更を受け入れさせられたり、退職を受け入れることにつながります。

つまり契約の事は仕事とは関係なく、「契約の終了」や「不利益変更」は対等の法律関係だという立ち位置を明確にしなければなりません。ところが労働者は労働力を売るということが、相手の支配従属関係の下で働くことであるので、どうしても「負い目」や「弱さ」を感じて、決果不当極まりない退職を受け入れたり、不利益変更を受け入れる場合が多いようです。

このようにならない為には、会社の狙いをはっきりさせることが重要です。定年が近いので退職金を払いたくない為、自己退職を促していること、あるいは人減らしのため、切りやすい人間と見定めて「不利益変更」を画策している、という会社の悪辣な狙いを見れば、怒りが高まり、「負い目」「弱さ」などを感じる暇は有りません。

つまり上司の退職強要等の場合、なぜ自分なのか?会社の人選の基準は何なのかを考え、相手に質問し、それを録音することが重要なのです。その上で断固として拒否することが必要です。労働者は人がよいので、そこにつけ込まれる場合が多いのです。労働相談でも気の弱さにつけ込まれ、過去の失敗や成績の悪さを持ち出して退職強要されて、思わず理不尽な要求を受け入れる人が多いのです。多くの労働相談が示しているのは、そうした人達の「奴隷根性」です。

重要なのは奴隷根性ではなく、対等の法律関係に立ち、雇用契約の不利益変更や、退職強要は本人同意が原則であり、会社の狙いを見抜いて断固として拒否することが重要です。この場合の具体的対応はユニオンの指導の正しさを確信し、指導どおり実践することがカナメの問題なのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード