裁判官や弁護士は労働者の気持ちが全く理解出来ない!

<今回の事態の御報告>
今回ビ―ピ―・カストロールの和解に当たっては「完全解決」をユニオンは模索していました。パワハラでうつ病だった原告が気持ちよく再出発するのは、問題を引きづらないことが重要と判断していたのです。そのように考えたのはカストロールの弁護士が裁判書面でブログを消せと一切言っていなかった事を「さすが一流の弁護士事務所だ」Aさんとともに評価していたからです。

「完全解決」とは和解したらビ―ピ―・カストロール関係のブログを自主的に全部消すことです。実際にユニオンは和解時点で良心的な会社のブログは削除してきました。この点で原告のAさんと私は合意していました。だから和解に当たりブログの削除の用意があることのサインを裁判官に送るように伝えていました。ところが裁判官や弁護士がこのブログの削除を「金額を上げるため」と姑息に解釈し、(和解の場で金額を上げるための駆け引きは当たり前なのに)激怒したため話がこじれ、特に被告弁護士が和解調書に新世紀ユニオンのブログを消すことを条件に入れて陰謀を企んできました。

Aさんにすれば、完全解決での視点からの言動が、心の狭い裁判官や弁護士の激怒で和解そのものができなくなったわけです。「ブログを全部消せ、将来も書くな」などという和解条項をユニオンの委員長でもないAさんは受け入れるわけにいかなかったのです。弁護士や裁判官は労働者の気持ちが一切理解出来ない「人種」なのです。それにしても原告側の弁護士まで被告側に立ってきたことにAさんは失望しています。

これらのことでユニオン内で反発が高まり「完全解決」が難しくなりました。ユニオン内の原告弁護士と裁判官への不信も高まり和解そのものが難しくなり、委員長としては、一審では判決を貰い高裁で仕切り直しの和解をするほか完全解決の目はなくなりました。法曹界の人達は労働者の気持ちが全く理解出来ず、自分たちの独特の思考を物差しにするのでこうした行き違いが起きますが、今回は被告側弁護士の悪辣な陰謀が背景にあります。Aさんも金額を大幅に譲歩したうえで、ユニオンを陰謀にかけるかのような和解条項が出てきた事で「和解をやめます」と原告弁護士にはっきり語り、その後は携帯電話も切っているようです。体調を悪くしていないかと心配しています。Aさんは弁護士不信になっているようで判決まで話したくないようです。

そんな訳でビ―ピ―・カストロールの「完全解決」は崩れ、和解自体も金額での合意が成立しているのに難しくなり、新しい弁護士も探さないといけなくなりました。現在新世紀ユニオンでは3件~4件の裁判事案が控えているので早急に信頼できる弁護士を探します。また今後はできるだけ裁判での解決はしないようにします。こんなわけでビ―ピ―・カストロールの和解とその後のブログ削除は意地でもできなくなりました。陰謀など企むことなく綺麗に和解しておれば、グログは自主的に削除したのに愚かなことです。法曹界の人達は頭がよすぎるのです。しかも私が有名な反骨精神の持ち主で、まれに見る「へそ曲がり」だということが理解出来ないらしいです。
以上ご報告です。
追信
明日土曜日は組合員の「仲間と会う日」です。午後1時から6時までユニオンのドアは開かれています。仲間と話がしたい組合員は1時間でもかまいません、顔出しして下さい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クソ?が怪しい事?まだやってる?
今日の記事を見よう

クソ弁護士にはつかまらないように!
クソ弁護士にはつかまらないように!
クソ弁護士にはつかまらないように!

とりあえず

新世紀ユニオンは今後裁判はなるべくしない、大衆運動や地労委など多角的な争議を展開する方針に、なったそうです。

裁判しなくなれば着手金と、低額な解決金から取れる成功報酬は、やくなります。弁護士としては痛いでしょう。

たしかにこれまで疑問な和解結果や和解提示は、聞いてますね。

ブログ消さないで!

 奥の被害者です。ユニオンさんブログ絶対消さないでください。このブログ見るたびに癒されています。

No title

今までの和解も違和感を感じるのは私だけでしょうか?

弁護士の信頼維持策

弁護士はんは,信頼できてなんぼです!

裏切り者の弁護士はんについては,速やかに名前と所属を公表されてはいかがでっしゃろ? 一部伏せ字でも構しまへん。

弁護士はんは,いざ,パワハラ(大抵はモラハラ)上司と闘うときの最後の頼みの綱であり,費用も相当かかるんやから,絶対的な信頼がおけんのやったら,話にならしまへん,そう思うんですすが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

何か裏社会に弁護士が加担していたのか?最近、裁判負けが続いた事と合致する気もする。

弁護士と依頼人が揉める自体になった事は残念ですね。
委員長、弁護士紹介できますよ!

弁護士との打合せも録音必要ということか?
いずれにせよ自身の強い意思を持つことが必要かと思われる。

勝手に訴状内容が変更?

無断で変更したなら、とりあえず着手金を返還させては? 委任契約の違反ではないのか。

懲戒請求は難しいかも。弁護士会としては、会費収入が減るので。

司法界は腐っている。罰則も名前も出されないので裁判官や弁護士はやりたい放題。粗悪裁判官弁護士を判別できるように、彼等の過去の悪業をデータベース化した専用ブログを立ち上げる必要があると思います。そしていま現在も何処で営業しているかも告知して欲しいです。性犯罪歴のある犯罪者のように。

明らかにおかしいぞ。

証人尋問直前に勝手に訴状内容が原告の意に反して変更されている。仮に裁判敗訴となれば、こんな信頼の出来ない弁護士に対しては懲戒請求すべきです。

クソ弁護士だったのか?

ブログが事実であれば信頼関係は無いとの事でしょう。

原告側の弁護士?

原告側の弁護士が,被告側に立った?
どういうことなの?
ユニオン推薦の, 信頼おける弁護士さんだったのではないの?

弁護士について

委員長が弁護士を変えると宣言してるくらいだから、よほど弁護士に不信感があるのだろう。弁護士が人の気持ちすら分からないのなら本当の解決なんかできないよね。心の傷は残ったまま!

弁護士

和解は、気持ちで整理つくか、納得できるか?
判決は、法にもとづいているか?
こんな事もわからない弁護士は本当のカリ勉君なんでしょう。

巨大事務所

何があったんでしょうか?
社長が書面で委員長に圧力かけてた一方で、当時は巨大事務所の弁護士は何ひとつブログに抗議しなかったと、書かれてたんですが?

原告弁護士の名前公表

被告弁護士から多額の振込か、今後後ろ盾になって貰えるのか、仕事を回してもらえるのか、どちらにしても巨大事務所の飼い犬になったってことで、すべての言動に納得がいく。

信頼関係? 誰との?? まさか???

昨日のブログ「信頼関係が崩れる」て何?
まさか被告弁護士との??

人種じゃないぞ!!

新世紀ユニオンは『人種』じやない。
良識溢れる『人』の集まりだ!!
(これ読んで、武田鉄矢の歌声が聞こえる人は、どんどん書き込んで、ビラ撒きましょう)。

グローバルな石油メジャーもしょせん支配層は『人種』の烏合か。

高裁も頑張れ!!

追伸:時々、交流会の日はユニオン事務所に、電話下さい。
   遠くても関係ありません、みんな良識で繋がって、応援してますから。

会社の慰謝料請求は無理です。

 ユニオンのブログで名誉棄損されたと、慰謝料の裁判を企んでいたのでは?
 新世紀ユニオンの専従は無給です。貧乏ユニオンから金がとれると考えているのでしたら、ぜひ裁判やってみてください。カストロールさん期待しています。
 委員長のブログに書いてあるのはすべて事実で証人もいますから難しいと思いますよ!

和解はできると思います。

 そもそも一組合員にユニオンのブログを消せ、これからも書くな、と和解調書で約束させて何をやるというのか?ユニオンを訴えるつもりか?名誉棄損で訴えるつもりなのでしょうか。委員長の陰謀とはたぶんそのようなことでしょう。
 陰謀を策動せず和解しておればブログな削除されたのに馬鹿な話です。
 関西では新世紀ユニオンが和解したらブログを削除しているのはよく知られています。東京の弁護士は失敗しました。

獅子

お互い意地になってるから和解は無理かもね。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード