FC2ブログ

天心会・小阪病院を被告とする訴状を提出!

平成30年1月16日付けで大阪地裁に「配置転換無効確認請求事件」の訴状を提出しました。
この裁判は、小阪病院の暴力的看護(患者が殴られて内臓破裂で死亡したり、ベットに縛り付けられて足に障害が残ったり、自殺者が多いことなど)に関係した人物が局長に抜擢されて以後、パワハラ的手口で多くの職員を退職に追い込むなど、むちゃくちゃな労務管理が行われ、これに一貫して批判的であったAさんを病院から排除するため、企まれた「院内保育所閉鎖」に関連した、配置転換の正否を争うものです。

訴状は原告のAさんへの長年に渡るハラスメント(=精神的暴力)がおこなわれていたため訴状作成に時間を要しました。結果全11ページに渡る書面となりました。院内保育所閉鎖の必要もないのに、団体交渉のための、閉鎖に関する資料開示を求める新世紀ユニオンの要求もほとんど無視し、事前にキチンとした説明もせず、Aさんを肉体的に過重な老人ディサービスもえぎへの配置転換を強行した。

ふつう経営者側の都合での配置転換は本人の希望を最大限採用するものであるが、今回の特養での「オシメ換え」と「入浴補助」の仕事(団交での説明)は肉体的負担がきつく誰であれ長く続かないので、嫌がらせで辞めさせる手口として利用されてきた仕事である。小阪が傲慢なのは、働く場所と仕事がが変わり、降格で3万円もの賃下げでは、新たに契約を締結すべき内容であるのに一方的に配置転換を強行したことだ。Aさんは院内保育所立ち上げのために雇用された保育専門職(同時に責任者)であるのに、ユニオンの要求する委託先への出向を一顧だにしなかったのだから違法な配置転換であることは明らかだ。

他の職員には委託先への出向を打診し、Aさんだけ降格減給の条件の下で配置転換を強行し、事実上の退職強要の配置転換を強行した。普通配置転換の裁判は経営側がほとんど勝つが、本事案は違法性が明らかであるのであえて訴訟に踏み切ったものである。

Aさんは現在パワハラによる重いうつ病・並びに腰痛等で休職しており、今後パワハラへの慰謝料請求についても訴訟に打って出る決意ですので、今回の訴状提出は小阪病院に対する長い闘いの第一段階と言えるものです。近く第2段階、第3段階と闘いを進める予定です。この闘いは小阪病院をまともな病院にする闘いでもあります。皆さんのご支持・ご支援をお願いいたします。
闘いに合わせて新世紀ユニオンは一般的宣伝を計画していく予定です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

下の方へ

辛いですね。
悔しいですね。
新世紀ユニオンに電話してみたらどうですか。

東大阪健保地 ̄第三号平成三十一年二月十八日、小椋裕一様、
 総括審理員 服部泰典赤丸朱押印。
 弁明書の送付及び、反論書等の、提出に付いて、東大阪市長(野
田義和)が、行った、東大阪市指令111号に、対する、(平成30年、11
月22日に)、小椋君から、提出された、不承認通知書に、関わる処分
に、対する、平成30年、東大阪市健保地(審)第1号、審査請求について、
弁明書を、第29条第5項、(平成二十六年、法律第六十八号)、
行政不服審査法により、(副本)規定により別添の通り、副本送付
します。 三十条第一項行政不服審査法により、又、
 弁明書に記載された次項に、対する反論書、(反論書を、記載し
た書面)を、提出する場合には、第三十二条第一項の規定により、
証拠書類又は、証拠を、提出する場合は、3月8日までに、それぞれ
を、提出して下さい。 〒578-0941東大阪市岩田町4丁目三番二十二
号五百五号室、東大阪市健康部担当、服部泰典TEL072-960-
3803、Fax072-960-3807。
 東大阪市健保健3584号、総括審理員服部泰典様、
処分課健康作り課(東大阪市長野田義和、六三三丸角正方型印)。
 弁明書、平成31年1月28日。
提出された「審査請求人」(小椋裕一)からの、東大阪市長が、行っ
た、東大阪市指令一一一号、不承認通知書に、関する処分に、対する、
平成三十年東大阪健保地(審)第一号、「審査請求について、処分課は、
以下の通り弁明する」。
 内容は、(一)処分の、平成30年10月26付、小椋裕一審査請求人に、
対する法律第四十五条第三項に、基く承認決定は、不処分。
 不処分の理由(二)は、平成30年、9月3日、小椋裕一審査請求人は、
8月に、精神保健福祉手帳の、手帳番号、末尾、555が、嫌なので、
東保健センターに、指導され、精神障害者手帳の、交付の申請を、行った。
「診断書は、提出しなくて良いですか、」とたずねたら、「要りません、こちらで、
出しますので、」だった。 この申請に、「通らないので、タダで良いです、」
と指導を、受けた。「一回、失格しないと番号は、変わりませんので」と。
この申請に、対して提出された医師の診断書を、天心会小阪病院
へ、取りに行ったが、会計窓口で、気持の悪い事象に、ロビーで、
相澤職員と、激しい口論を、出され、「どこへ提出するんや」と、
 争論の末に、「病院側で、送付します、」でした。 僕の身に、覚えな
い診断書は、医師の診断書及び判定を、大阪府心の健康総合
センターに、依頼されて、其の判定結果を、受けて、手帳を、交付し無い
旨の決定を、行い、平成30年10月26日付、不承認通知書の送付を
、行った。「不合格の物、俺がタダで送ったるわ」と、病院職員さん
と、会計前座席での立話しの結果による。
 弁明書の理由は、(三)大阪府心の健康センターに、依頼し、
非ず該当との判定結果を、受け、不可成り承認決定の処分に、
至ったものである。本件処分に辺り、審査及び判定から、決定に、
至る経過に、ついては、次の通り(1)医師の診断書の診断書の審査及び判定に、
ついて、
 第四十五条第二項「精神保健及び、精神障害者福祉」に関する
法律に、おいて、大阪府知事(松井一郎)は、前項の申請に、基づいて、
審査し、政令で定める精神障害の状態に、あると、申請の者を、認めた時は、
申請者に、精神障害者保健福祉手帳を、交付しなければならないとし
ている又、健医発第一一三二号精神障害者保健福祉手帳、制度、
実施要領、平成7年9月12日、各、厚生省保健医療局長、通知の、
 第二3(2)(不明)に、おいて、「都道府県知事は、1(2)①の、
医師の診断書が、添付された申請について、手帳の交付の可否及び、精神等級の、
判定を、指定都市を、含む当該都道府県に、置かれいる精神保健センターに、
行わせる、ものとする」。としている、東大阪市において、平成24年度からは、
「精神障害者、保健福祉手帳の交付」に、ついては、大阪府から事務移譲を、受けて
いる、又、[平成7年9月12日健医発第1132号第2項]に、おいて、
[市長は、第二条第2項第一号]の医師の診断書が、添付された申請に、
ついて、手帳の交付の可否及び障害等級の決定を、する為には、大阪府心の健康
総合センターに、おいて判定を、行い、その報告を、受けねばならない、としている、その為、
小椋さん分に、ついて、平成30年9月19日付、大阪府心の健康総合センターに、審査及
び、判定を、依頼、
 (2)判定結果に、ついて①平成30年、10月15日、大阪府心の健康総合セ
ンターから、精神障害者、保健福祉手帳の交付の為の、等級判定結果が届く、
[元点に省って]「第四十五条第二項「精神保健及び、精神障害者福祉に、
関する法律」施行令第六条、判定結果は、手帳交付「非該当」。
[主旨不明]?「理由は、同法施行令第六条に、規定する、精神障害者、保健福祉
手帳の精神疾患の状態の判定は、長期間の薬物治療下に、おける、状態で、
行う事を、原則としている」。障害等級に、定める精神障害の状態に、該当し無い為、
と、記されて居た、尚、東大阪市の不承認通知書に、記した、精障発0303第2号、
不承認理由に、ついては、大阪府の[不明、心の?]判定結果に、記されて有る内容を、
そのまま転記した物である。
 ②18日、大阪府心の健康総合センターの、精神障害者、
保健福祉手帳、業務担当者に、電話で、判定結果の内容を、確認した処ろ、
其の判定に当っては、平成23年3月3日、[障精発、活字並列不明]0303第
2号、厚生労働省、社会援護局、障害保健福祉部、精神障害保健課
長通知を、運用して有る、其の中で、「2(3)精神疾患、(機能障害)の状態の、
判断は、[障精発0303第2号か不明]長期間の薬物治療下に、置く状態で、
行う事を、原則とする」。と在り、医師の診断書の、提出された内容を、確認
した処ろ、「服薬は、強く拒否している、現在は、治療に、対して拒み否的」。
等記載が有り、非該当の判定結果に、至った」と説明を、受けた。
 (3)決定について、大阪府からの判定結果を受け、不承認の決定を、行った。
以上の様に、本件処分に辺り、行政手続上の瑕庇は、認めない、従って、
審査請求の理由なく、本審査請求は、棄却すべきで、あります。

結果わ

Aさんは、どうなりましたか?とても心配です。それと小阪病院の対応は、いかがですか?

小阪病院の職員さんへ

新世紀ユニオンには医療機関の専門職や大学の先生、研究者なども加入しています。
秘密は勿論厳守されます。
是非加入して下さい。

組合員一同、お電話お待ちしています。

Kさん

Kさん、新世紀ユニオンの電話番号です。
tel:06-6452-5833

連絡先

コメントありがとうございます。
新世紀ユニオンの連絡先や委員長の連絡先がわからないですが、教えてもらえますか?電話番号でもいいです。

Kさんに、

Kさん、新世紀ユニオンにご連絡下さい。
委員長があたたかく迎えてくれるはずです。

訴状の件

 訴状は普通5ページ前後です。短くはありません。小阪病院が長く嫌がらせをしてきたので、今回の訴状は経過が長くなったそうです。
 ついでに訴状提出が遅くなったのは、急ぐ必要がなかったこと、さらには陳述書をとるなど準備に万全を期したためのようです。誤解なきようにしてください。
 配置転換は経営側が有利な事案です。訴状が長くなったのは、それだけ困難な事案だということです。

戦いたい

私も、次長とやらにパワハラを受け退職を強要され、手段は同じで病気になりました。看護師なのに、看護部長を始め知らん顔でしたよ。最低でてしょう。今からでも戦えますか?ユニオンに入会するにわ?教えて頂くと助かります。私の人生を狂わせた職場の上司は許せないです。

Kさんへ

皆さんに御声をかけ、集団で新世紀ユニオンに加入されて下さい。
今からでも充分闘えますよ。

証人

Kさん、

もし、戦う、お気持ちがあるのなら裁判に証人として参加してみてはいかがでしょうか? Kさんの気持ちを病院にぶつけてみては? 少しは心が晴れやかになると思いますよ。

そして、何よりAさんも救うことができます。よろしければご検討ください。

被害者

本当に、仲間内でいいように病院を運営されています。
パワハラで、退職を追い込まれた以前の職員が相談できる窓口を作って欲しいです。戦います。

心の底から応援してます!

Aさん、裁判で戦うのは、とてもきついでしょうが頑張ってね。

新世紀ユニオンの弁護士には、『Aさんのために』頑張って欲しいものですね。

法曹界は腐っている感じがするので十分に注意しよう。では。

11ページって???
何が11ページ???
しっかりやるというのは、どういう事だ!

たったの11ページって手抜きですか?
しっかりやってくださいね。

鉄壁の意思で!!

応援してます。ただそれだけしか言えませんが、とにかく応援してます!!
またユニオン事務所でお会いできたら、皆で激励させて頂きます!

OK被害者の会とか結成したらどうでしょうか?
ブラック病院は正さなくてはならない!

Aさんに

訴状提出が遅れた事について弁護士に確認して下さいね。何か変な狙いがあるかも知れませんよ。委員長によく相談して裁判は進めましょう。

Aさん、心の底から応援しています!

 戦いの始まりですね。

 次々と始まる戦いに期待してます。Aさんは大したもんですわ。

No title

えらく訴状送達に時間がかかりましたね。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード