2月6日の菱江ロジステックスの証人尋問!

この日10時から大阪地裁で午前中会社側証人2人、午後から会社側一人と原告に対する尋問がありました。
会社側弁護士は韓国籍のAさんが日本語能力がつたない事を知っていたようです。

弁ーあなたは会社にパワハラされた、と言ってますが、どんなパワハラをされたのですか?
Aー・・・
弁ー忘れたのですか?(嘲笑)
Aー沈黙・・・・。
後で聞くと、言語能力がないので考えていたら、「忘れたのですか?」とたたみかけられて「頭が真っ白になった」とのことでした。
また会社側証人が嘘ばかり付いたのをAさんは非常に怒っていました。

証人尋問の後、裁判官と原告・被告の弁護士の間で和解交渉が行われました。その後Aさんと原告弁護士が打ち合わせを弁護士事務所で行ったようですが、私は弁護士から「来てもらっては困る」と言われて、参加できませんでした。

その後、Aさんから和解交渉や弁護士との話も入らず、和解交渉がどうなったのかも全く分かりません。ビ―ピ―・カストロールの和解で「ユニオンのブログを消せ」という会社側の和解条項に私が文句を言ったこと、和解交渉の内容をブログで批判した事がきっかけで、ユニオンを和解交渉には入れない、という弁護士の判断のようです。

たぶんAさんは「裁判は判決まで行くと負ける」と言われて低額の金額を提示され、裁判に失望したものと思われます。Aさんの怒りが爆発しなければいいが?と心配しています。
そんな訳で、和解交渉がどのような内容なのか?さっぱり分かりません。Aさんからも連絡がありません。

民族差別を発端にした、パワハラ等の嫌がらせでうつ病を発症し、傷病給付の手続きを遅らせて日干しにし、出社の交通費もない状態にし、退職扱いにした酷さは、裁判の手連手管で会社が勝っても問題は何も解決しません。Aさんの民族差別への恨み・怒りが残るのですから、会社が弁護士を抱き込んで丸く収まる話ではありません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うーん、何か気になりますね。とても心配です。

Aさんが日本語能力がつたない事は、「原告弁護士(最近よく出る呼称)」も知ってるでしょ?
ならばなぜ、裁判官に申し出て日本語の援助をしないのか?
被告弁護士と裁判官と和解の話をし、紹介したユニオンを外して、事務所で「負ける」「負ける」口撃してる場合じゃないだろう?
この数ヶ月あやしいのが続きすぎ。
実名曝すべし。

勘違いならごめんなさい。その弁護士はユニオンが委任し、着手金も払っているんですよね?そもそも依頼主に説明しないのは違反行為ではないのですか?

相手側の弁護士は3人、証人も3人、不公平な裁判。
企業は社員教育もいい加減、社員の体調管理も出来ないブラックだった。

まさか裁判の前に、相手側の弁護士3人を事務所に招いて、悪どい話し合いやお金のやり取りなどしてへんやんね

知られたくない、ブログに書かれたくない事やってるから?

弁護士と委員長の信頼関係は既に無くなっているという事でしょうか?

ふざけるな!!

弁護士から「来てもらっては困る」と言われて??

「来てもらっては困る」???

なぜ????

事案とAさんを弁護士に紹介したのは、新世紀ユニオンですね?
これまで長年、新世紀ユニオンは、この弁護士に幾多の事案を紹介し、委任していますね。

そろそろ、新世紀ユニオンとしての姿勢をはっきりさせ、公開すべきかと。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード