FC2ブログ

社会の矛盾の調整力がなくなっていること!

資本主義は階級社会である。だから階級間の利害の調整を議会で行う、これが議会の役割である。また経営者と労働者の階級対立を和解・解決を図るのが裁判所の役割である。議会は自公政権が強すぎて支配的階級のやりたい放題が続いている。

経営者と労働者の階級対立は労組の家畜化が進み、労組本来の機能が消滅寸前だ。力関係は経営者側が圧倒的に強くなり、労働分野の規制緩和、非正規化、長時間労働が広がって野蛮な搾取化が進んでいる。日本における分配率は低下を続け、労働者の貧困化は拍車がかかっている。

経営側の違法解雇を裁判所が支持する例が多く、日本社会はブラック企業が増え続けている。シャチハタ印を使い更新契約書を偽造したり、酷い場合は労働者に印かんを預けさせる経営者まで増えている。リストラ経営が労組を決定的に弱体化させた。労使の力関係の格差は団体交渉や裁判や審判で階級矛盾を解決できない事態が増えている。

労働者にプレッシャをかけ、脅しの労務管理が増え、労働の奴隷化が進み、日本の労働者の愛社精神は消滅寸前だ。労働問題に裏社会が進出し、労働者が自社食品に異物を混入する例も増えた。すると労働者を監視するために社内に監視カメラを設置する例が増えている。

裁判でブラック弁護士が証拠をねつ造し、労働者側の弁護士を買収し、結果社会の歪みが是正できない事態が生まれている。汚い手口を使っても問題が解決するわけではない、それどころか深い階級的恨みが残るだけの社会となりつつある。これはある種民主的社会の機能喪失であり、表面上の雇用契約、内実としての賃金奴隷制度の露呈であり、社会の階級矛盾が調整・和解で解決できない事態が生まれていることでもある。

この社会的危機を理解出来ない経営者が増えていることを指摘しなければならない。日本は社会的弱者がどのようにあがいても報われることが少ない社会となりつつある。これは日本社会の支配層の強欲化の表れであり、日本社会の腐敗であり、弾力化、是正力の喪失であり、社会的劣化である。
こうした日本社会の劣化がユニオンの闘いの限界を示しているということである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード