FC2ブログ

上司の脅迫・嫌がらせは指導ではない!

「アホ―、ボケ、辞めろ」社長や上司から理不尽なパワハラを受けている労働者がたくさんいます。上司からモラル・ハラスメントを受けて、精神的負荷で体調を崩したり、眠れなくなり疲弊して病気になる労働者が増えています。

認識論も理解していない為、部下に暴言を吐き、権力を披歴して優越感に浸る管理者が少なくありません。部下を怒鳴りつけて営業成績が上がるわけではありません。権威主義者は「アホ―、ボケ、辞めろ」と怒鳴りつけて解雇の脅迫や見せしめのパワハラを加えれば、労働者が一生懸命働くと思っているのですが、実際には労働者は働く意欲を失い、上司の人間性を疑い、会社を辞めることで、精神的負荷から逃げようと考えるようになります。

ある特定の労働者を追い出すために、ライバル関係を上司が奥面もなく利用したり、仕事の成果を上げることに自主性を持たせるやり方で、労働者が自分の至らなさを自覚し、社員自身に成果が上がらないのは自分のせいだと自覚させる手法のため、多くの労働者が長時間労働の上で過労自殺に追い込まれています。

ハラスメントの被害者を精神的に追いつめることが職場の目的化し、標的の労働者に上司や同僚が嘲笑を浴びせることが、その職場の体質になってしまっている事に経営者は細心の注意を払うべきです。自分のパワーを振るうことが経営者の目的となり、会社の経営を忘れて次々ハラスメントの標的を辞めさせていけば、その組織は正常な成果を生み出せなくなります。まさにハラスメントは人も会社もダメにするのです。

意地の悪い上司に抑えつけられて、「辞めろ」と言われて恐怖を感じている時に、仕事の教訓や成果を学ぶことなどできないのです。営業やその職場の仕事に通暁していないものに仕事の指導などできないのです。だから怒鳴りつけたり、相手に恐怖を感じさせたりして、見せしめにすることで相手に優越感を感じようとするバカな上司が増えています。

「やめてしまえ」「解雇するぞ」という暴言や脅迫が、人の積極性を引き出すと考えるのは間違いです。仕事の教訓を全体のものにする努力をせず、怒鳴りつけたり、嫌がらせして、嘲笑することは指導ではないのです。モラル・ハラスメントが組織をダメにし、人をもダメにしている例を最近よく見ます。監督署や裁判所が「仕事上のトラブル」と見せかけられたら「全てパワハラではない」と否定し、「指導上のトラブル」とするのは間違いなのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

逃げずに戦え!

 やめればいいという話しではないのでは?
特にパワハラが退職強要としてやられる場合、やめるのはいけません。裁判で戦ってください。

No title

ほんまですわ。
下の方のいう通りやと思います。

No title

下の方、

おっしゃる通りかと思います。

モラルの欠如した現代社会

そのとおりです。

部下への脅迫行為は、大半が、人格障害者(ADHD)たる上司の、子供染みたストレス発散が原因なのでしょう。結果しかし、部下が辞めるとか、アベコベに謝罪してくる等の、子供心を満たす効果が得られなければ、卑劣な行為を行ったストレスは、やがて上司側にも必ず返ってくることでしょう。陰険なモラハラは、したがいましてエスカレートせざるを得ません。優秀な人材なら、そんな職場に長居する必要は無く、さっさと辞めるのが得策のようです。

道徳心の欠如したモンスター上司を野放しにすれば、長期的にみれば、アピールばかりで顕著な成果や新商品の開発などはでません。職場の崩壊や、人間関係の不審を招くのみで、優秀な人材は出て行ってしまい、傀儡の腰巾着のみが、ゾンビの如く増殖し、のさばるようになるからです。

現代日本における社会のモラル欠如、過剰にならざるを得ない成果主義の横行が、その根底にあります。かつてのモノヅクリ日本、優れた日本製品などというブランド力は、今のままではもう、持たないでしょう。製造業を中心とした有名企業の不祥事続きは、偶然ではありません。昔の話しとなりつつあります。

それにしても、昨今の政府による性急な「裁量労働制の安易な拡大」案には、辟易します。少子化後もなお先進国を維持し、いまの豊かな社会を守ることだけが政府の理想であり、施策の前提にあるようです。不用意なオートメーション化の加速も気になります。結果、成果を出せない普通の人間達は、これから、どこで65歳まで働き、どこで、満足がえられるのでしょうか? これは、年金暮らしの毎日遊んで暮らせる裕福な方々には、到底理解できない近未来像かもしれません。

理不尽な職場環境のもと、成果を出せない普通の者達が、劣悪な働き方改革によって過労死、自殺等、合法的に被害に遭う社会が、目前に迫っているように感じられます。。。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード