超多忙で、ニュースの発行が遅れています!

午前中裁判所に行き、電話相談に出たかと思うと、メールが入り、郵便局にいったり。相談が入ったりで、非常に忙しく通常の業務に手がつけられません。相談電話も通常の件数に戻りました。

そんな訳でユニオン・ニュースの発送は来週半ばになります。

本日の小阪病院を被告とする裁判は、小阪側は出席しませんでした。答弁書がまだ書けていないようです。転籍を配置転換に見せかけたのが明らかなので、被告弁護士も答弁書を書きにくいのかもしれません。25年も働いた保育士(専門職)のAさんを、特養に「配置転換」したが、内実は転籍です。働く場所も仕事の内容も、賃金も変わり、保健証ですら変わった、と嫌がらせしてきました。

保育所の他の保母には院内保育所の「委託先」への出向を打診し、Aさんには特養のオシメ換え、と入浴の補助を命じたが、何から何まで転籍を示していますから、これを配置転換というのは無理があります。新たな雇用契約が必要な内容です。

小阪病院が、特養への違法な配置転換で気に入らぬ職員に退職を強要してきたことを、判決で違法配転と証明することは、今後の職員への退職強要を打破する上で非常に価値がある裁判です。引き続きご支援ください。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

小阪病院は姑息

 被告の小阪病院の弁護士が第一期日に答弁書を出さず、欠席するということは裁判官の心証は最悪ですね。
 配置転換という簡単な事案なのに書面も出せない、ということは小阪病院は負け確実ですね。
 なんせ転籍を示す証拠がたくさんあるそうですから敗訴確実で、そのあとのパワハラ裁判も苦戦は避けられません。

 評判悪いですよ。

 酷い病院だから、ぜひ勝訴してください。

No title

原告弁護士には、誠実に頑張って欲しい

たしかに

 価値ある裁判ですね。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード