残業代を払わなくてよいようにする悪だぐみ!

「多様な働き方」「裁量で働ける」「時間賃金から成果主義」ものはいいようで、残業代を支払いたくない強欲企業の要望を、安倍政権が立法化するためのフレーズは極めて欺瞞に満ちている。

残業時間の上限を100時間にする。高度プロ法案で高額賃金の労働者の残業代を払わない。低い賃金の労働者には「裁量労働制の拡大」で残業代は払わない。所得の上からと下からで残業代ゼロ法案を作る。その為には資料の偽造で裁量労働制の方が労働時間が短い、ニセ資料を作る。裁量労働制で過労死した事を隠すことまでする。

安倍政権がアホなのは、生産性の向上を言いながら、生産性を上げない長時間労働プラス不払い労働の拡大を図ることだ。絶対的剰余価値の拡大を追求すれば、経営者は設備投資で生産性を上げ、相対的剰余価値の拡大を追求しなくなる。

国民経済にとって個別企業の目先の利益を追求しすぎるとマイナスになる事が理解できていないのである。国民経済の成長には適正な分配率が必要不可欠なのに、強欲ゆえに搾取強化を規制緩和でやり過ぎて、日本経済を縮小再生産に陥れている。

強欲の資本主義が搾取強化をやり過ぎて、日本の労働者は働く生きがい、働く意欲さえ失った。ただ食うために働いているだけだ。日本の経営者は目先の強欲のため、失ってはならないものを次々失っているのである。不払い労働を延長すれば個人消費の縮小が起き、国民経済は活力を失う。大企業の内部留保は増え続け、労働者の実質賃金は低下を続ける。これでは働く意欲は湧いてくるはずがない。今以上過労死を増やすことは、すなわち労働力の食いつぶしであり、資本家階級全体の利益に反することなのに、それが見えないほど企業経営者の強欲が過ぎているのである。愚かというしかない。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード