FC2ブログ

労働者が職場で絶対してはならないこと!

(1)印かんを会社に預けたり、ロッカーの中に入れておいてはいけない。
印かんを勝手に使われ、会社に都合のいい更新契約書を偽造され、本当は期限の定めのない雇用なのに、裁判所に雇止め解雇が合法とされた例があります。

(2)契約書の空白の個所がある書面にサインしてはいけない。
採用時に面接で期限の定めのない雇用を確認していたのに、後から空白の契約書にサインをするように言われたため、サインしたら、それが期間契約書だった例がたくさんあります。

(3)解雇された場合は書面にサインしてはいけない。
「解雇する」と社長に言われて、「手続きだ」と退職勧奨合意書に署名したばかりに、違法解雇で闘えなくなった例があります。中には退職届にサインさせられた人もいます。解雇されたらすぐユニオンに相談し、それまではどんな書面であれサインしてはいけません。解雇された時は「解雇通告書」を貰ってきてください。

(4)自分が悪くないのに謝罪してはいけない。
妊娠を会社に報告するなり社長のパワハラが始まり、怒鳴りつけられて「退職届を書け」と言われ続けてうつ病になった女性が、御主人に「社長に謝れ」と言われて社長に謝ったばかりに、労災認定がされなくなった例があります。謝れば、仕事上のトラブルを認めたことになり「会社の仕事ができない」との会社の主張を裏付けることになり、裁判も闘えなくなる場合があります。
パワハラでうつ病になった女性が労災認定され、裁判で950万円の慰謝料を勝ち取った例もあります。同じような事案で一方は950万円、他方はゼロ円の差があります。自分が悪くないのに謝罪しては絶対にいけません。

特に女性は、社長や上司に怒鳴りつけられるとすぐ「すみません」と謝る人がいますが、これは何100万円も損をするに等しいことです。絶対に謝罪してはいけません。重要な事は社長の違法なマタハラの録音を取ることであり、謝罪すればどうにかなる問題ではありません。

最近はブラック企業はたちの悪い弁護士や社労士を抱えており、様々な詐欺同様の手口を仕掛けてきます。ですから「辞めろ」とか「クビだ」と言われたらすぐユニオンに加入することが必要です。ユニオンの指導で、証拠を残すようにしてから闘うようにして下さい。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード