FC2ブログ

賃金の問題でのユニオンへの相談が増えた!

最近賃上げで交渉して貰えるか?雇用延長で前と同じ労働時間で賃金が6割だと言われた、交渉して貰えるか?といった相談が増えました。

個々の賃金の問題を闘うには、職場の半分以上の組織化が進まないと交渉で解決するのは難しく、新世紀ユニオンは組織が小さいので、このような場合、その産業の労組に加入を勧めざるを得ません。中には職場に労組があるのにユニオンに交渉してほしい、という人もいます。職場に労組がある場合、ユニオンが乗り出せば分裂行動になりまねません。職場の労組に加入して賃上げに取り組むようにすべきです。

雇用延長で、以前と同じ仕事と労働時間の場合は同一賃金にすべきという判例もあります。ですから労組が交渉してくれない場合は、監督署や労働局のあっせんを頼むか、もしくは簡易裁判所の調停を申し立てることもできます。

新世紀ユニオンは組織が小さいので個々の賃金の交渉まで手が回りません。どうしても深刻な解雇・退職強要の問題、並びにそれと絡んだパワハラの問題が中心になります。産別労組は未組織の組織化の視点から未組織労働者の賃金等の取り組みを強化し、組織化てほしいと思います。

賃上げで交渉してほしい、という方は人任せで賃金を上げてほしいと考えています。そうではなく職場の労働者と団結して、自分たちで労組を立ち上げるなり、支部を結成する、という主体的な取り組みがないと、労組任せで賃金を上げてほしい、というのは身勝手というべきで、そんな目的でユニオンに入って交渉しても目的を果たすのは難しいでしょう。自分たちで仲間と団結し闘うので指導してくれ、というのなら責任を持って指導することは可能です。

労働者はユニオンに加入するということは「団結して共に闘うということだ」ということを理解してほしのです。つまりユニオンに加入し、自分の問題が解決できたら、今度は他の組合員の闘いを支援するということが団結の意味なのです。他人任せの、身勝手なユニオンへの加入はお断りします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード