FC2ブログ

雇用を守る事の大切さと、同時に万が一に備える!

新世紀ユニオンでは、いま何人かの組合員が退職強要を受けたり、嫌がらせの中で雇用を守る闘いを展開しています。
好況で仕事が増えたとはいえ、非正規で低賃金の仕事しか無い中では、闘って雇用を守るしかないのです。その為にはいじめられようと、仕事を奪われようと、配置転換や退職勧奨のいじめであろうと、屈しない精神力が必要です。

同時に違法な解雇に備えて「万が一のために」証拠を準備しつつ、屈辱や恥ずかしめに耐えて、正しい事は正しいと主張しなければならず。同時に創意工夫して証拠を集め、万が一解雇になっても裁判で勝利できる準備をしなければなりません。

労働者の中には弁護士への過度な期待があります。テレビドラマの関係かもしれませんが、ユニオンよりも弁護士に頼みたい、という人も少なくありません。とりわけ女性にこの傾向が強く、結果ユニオンの対策が後手に回る場合も少なくありません。

テレビドラマと違い、現実が教えているのは、弁護士が被告の企業から容易に買収され、できるだけわからないように敗訴に導く裏切りがあまりにも多いのが現実です。したがって反動政治家が官僚達を自分たちの利益のために私的利用する時代には、裁判の利用は考えもので、できるだけ多様な闘い方を創意工夫しなければなりません。

最近の労働者の特徴は「裁判を闘いたい」と言いながら貯金が全くない労働者も少なくありません。裁判には弁護士の着手金もいるし、裁判中は雇用保険の仮受給か、もしくはアルバイトで生活を凌がねばなりません。生活のための貯金がなければ裁判は苦しいのです。つまり闘いには精神力や証拠だけでなく、闘争資金も必要な事を考えて、あらかじめ貯金をするように心がけてほしいと思います。つまり労働者が雇用を守るには、万が一に備えて「準備」が不可欠なのです。
この準備には
(1)あらかじめユニオンに加入しておく。(組織的準備)
(2)解雇に備え証拠を準備しておく。(勝つための準備)
(3)闘いのためのお金の準備(資金的備備)も必要なのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード