FC2ブログ

労働裁判で原告を裏切る弁護士の手口について!

私の経験だけでなく、新世紀ユニオンに持ち込まれた労働者の裁判中の疑問点等をまとめると、原告側の弁護士が労働者を裏切って敗訴に持ち込む手口が明らかとなる。裁判を勝利するには弁護士の裏切りの手口を知っておくことは重要な事です。

(1)事案の発端を訴状から意図的にのぞき被告側を有利にする。
(2)切り札となる証拠を「失った」と言って敗訴に持ち込む。
(3)重要な証拠を使わなかったり、証拠の録音を提出するが書面を提出せずに敗訴に持ち込む。
(4)重要な被告側の解雇の動機を書面に書かずに契約論等でごまかす。
(5)解雇事案で訴えの趣旨を変更し、未払い賃金請求権を放棄する。
(6)原告側証人をドタキャンに追い込み被告企業を有利にする。
(7)反対尋問の対策を手抜きし、被告側に手をかす。
(8)最終準備書面で重要な争点を意図的に手抜きする。
(9)労働審判から裁判への移行を妨害し、不利な審判を確定させ企業側に手をかす。
(10)和解交渉で被告側の立場から低額の解決金を原告に押し付ける。
(11)敗訴したのにユニオンを通さず何も知らない原告本人と話しして高裁も受任し敗訴する。

これらの手口に注意しておけば、味方であるはずの原告弁護士の裏切りでの敗訴を防止できます。原告弁護士が被告会社から裏金を受け取り、敗訴に導く手口はたくさんあります。つまり裁判はお金を持っている方が勝てるような仕組みになっています。ですから労働者側は、決定的な証拠がますます重要になります。企業側は「どうせ金を払うなら原告弁護士を買収し、原告本人にはできるだけ金は払わない」ようにしたいのです。それが経営者の考え方なのです。

裁判で敗訴したユニオンは、裁判書面を厳しく精査し、敗訴の原因を分析し、突き止め、腐敗した弁護士とは代理人契約をしないようにしなければなりません。また敗訴の原因が分かれば高裁での控訴理由書の書くべき内容が分かってきます。

一審で敗訴した場合は絶対に弁護士を変えなければなりません。そうしないと高裁で勝てません。一審で敗訴しているのに、敗訴の原因を分析もせずに2審も受任する弁護士は絶対に信用してはいけないのです。
現在裁判中の労働者はこれらの点を参考にして解雇裁判を勝利するようにして下さい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

読んで、ふと思いましたが

新世紀ユニオンさんは裁判の当事者ではないのに、敗訴事案を相当の精緻な分析をして、全国の労働者に公表して注意喚起されています。この姿勢は高く評価します。
しかし裁判官で前面に立った貴労組の(?)原告の方々の代理人弁護士は、原告たちに敗因を分析して説明する事は、したのでしょうか?少なくとも解雇裁判の終盤で訴えの趣旨を変更し、未払い賃金請求権を放棄した件の理由は、本人に説明されていないようですが。

この?現象

腐敗よりむしろ三権分立の崩壊と思います。
なので弁護士や裁判官を批判しても始まりませんから、しのいでしのいで考えて考えてが良いように思います。

国民の「知る権利」

もう1件、投稿します。弁護士、病院、大学と名がつくと庶民はどうしても贔屓目に見てしまいます。
今この国ではマスコミが偏向報道に徹して真実が覆い隠されている感があります。
この新世紀ユニオンほか真実を国民に知らしめて注意喚起させるような団体や個人が、少なくなっていると感じます。弾圧もされているのでしょう。
しかし近年ではイタリアは主権者の国民の草の根運動で政権が覆されました。新世紀ユニオンまた関係者の皆様の行動は応援します。

腐敗し過ぎ。さっさと切るべし。

早く信頼できる弁護士が見つかるといいですね。ただしまた、後々で裏切らないよう新世紀ユニオンはどこかのダメユニオンと違うところしっかりけじめ付けるべきとも思います。

着手金を払うためマンションを売り払ったのに、敗訴させられた人がいましたね。厚かましくも高裁も受けて、そしてまた敗けさせた。
被告の名前で判決を調べたら弁護士の実名わかりますけどね。

とんでもない

今日のブログでも菱江ロジスティック裁判の原告(外国籍の人)に、地裁で敗訴した後にまでも酷いのやったみたいに書かれてますね。やはり考え直さないかんのではないですか。

あの人との過去10数年間

過去10数年間に原告から安くない着手金(35万円くらい?)受け取った。新世紀ユニオンはそれなり人数の原告を紹介してきて、掛け算すると凄い金額に上りそうですね?
過去10数年間に勝利的和解の実績を積み上げた。勝利的なら弁護士には、原告から成功報酬が取れます。しかしついに明らかになった巧妙(?)な反動手口。
過去10数年間に勝利的和解と思わせて、実は被告からいくら“成功”報酬もらったの?と勘繰らざるを得ない。

今この人に委任してる裁判が残り一件か二件ほどでしたか。結果が出て分析したら、凄いデータベース出来るんでしょうか。

う~~ん、有能

何に???

要らんで。この人もう。

無性に腹たった分

Rロジスティクス事案、国籍差別も根底にある疑いの旧財閥系列が被告の分の終盤でユニオンを「入ってもらっては困る」って打合せから外し、着手金さえ賄えないよな解決金で丸めようとしましたね。
証人尋問のレポも酷かった。日本語力が完璧ではない依頼人(原告)に恥かかせ助けもせず、パワハラ裁判なのに逆に追い込んだんかて、無性に腹たちましたね。

No title

有能とは狡猾の裏返しとも言えます。弁護士という肩書が必ずしも正義や社会的弱者の味方ではない、無条件に信じ込むと騙されるという教訓ですね。

No title

これは深刻な問題です。たしかに能力のあるU弁護士は能力はありますが、威圧的でちょっと怖かった。ユニオン全体のために早く信用できる弁護士を探さないとね。

(5)の最後まで原告に理由を説明しなかったの以外は巧妙にやったつもりなのでしょうね。舐めてるいう事でしょう。

No title

いったい何件分、裏切ったんですか?その人。他の記事で次々にとか、書かれてるので。

既成事実?

ばっかりな気もします。

すみません、サンデーモーニング立て続けで。このブログを見て読み進めて、とにかく気になりまして。

この人(?)一人で(??)こんな奮闘されてんですか?

No title

こちらも拝見しました。すごい、精密な分析されていますね。こういう労組が根付かないと、いかん思います。

うんありますよ。思い当たるの。

No title

はい賛成!

No title

私も一票。

一票を投じます。

実際に居るみたいですね。誘惑に弱いとか、あるいは最初から裏金目当てとか「どこかのダメユニオン」みたいな弁護士が。着手金の他に「出張日当」を何万円も払わせて、原告から頼まれてもいないのに相手方の弁護士か会社と打ち合わせする人も居るとか居ないとか?

これ↑ですわ。さっきの「油屋」の。

「弁護士」なる肩書には要注意という事ですね。規制緩和で「弁護士」がどんどん増えた、「過払金請求」もブーム過ぎた、なら今度は、、、の図式。

裁判所のみならず弁護士まで腐敗してるという事ですか。

もしかして、、、ですが。○番 あの事案?、⚫番 あれかな?、◇番 例の?という印象ですね。しかしそれにしても多いんですね。

何か最近も変な弁護士の例がブログに出てますね。やはり司法試験緩和?してから質の伴わない人が増えたのでしょうか?

それがわかれば、、、じゃなくて色々と実例が出てますねえ。証拠あったりして?

「成功報酬」とは?

原告が買ったら、弁護士に払うお金ですよね? 他に、どういう意味あるんでしょう。

ところで?!

どうなんでしょう。「成功報酬」

No title

確かに、いくつか思い当たるのありますね。怪しい怪しい。

ふ~ん

いるんですね。そういう弁護士

これは?

該当者が1名(これはクロと思いますが)か複数あるいは全部いるという事でしょうか?
三権分立の破壊。刑事は財務省で、ほぼ立証済み。民事も関電の原発訴訟で明らかになってしまいましたね。怖いですね、これから原発がバンバン再稼働されるのでしょう。そしていずれか方角からミサイル飛んで来たら、この国はキノコ雲もう一度で終わり。その間に何兆円を負担させられてるのでしょう。
せめて『先生』と呼ばれ安からぬ着手金を受け取り、場合によっては日当まで払わせてる人種の方々には社会的責任を自覚し矜持をしかと持って、行動して頂きたいものですが。

いま争議なってる照明会社や大学などは、裁判なる前に解決すると伊井ですね。こんなんあるみたいですし。

物凄い洞察と分析だと思います。市井のワンパターンユニオンは、ここまで考え、また啓蒙もしないのではと思います。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード