ハラスメントの職場でこそ自分を鍛えられる!

現在新世紀ユニオンの組合員の数名が、退職強要の中で嫌がらせを受けている。仕事を取り上げられたり、遠隔地配置転換を命令されたり、仕事を妨害されたり、雑用ばかり押し付けたりされている。職場の仲間に「会社を潰そうとしている」とデマを吹き込んだりして孤立させようともして来る。その中で心を傷つけられた人もいます。

攻撃対象の労働者が「この仕事を覚えたい」、と希望を漏らすと、その仕事は絶対にやらせない。仲間と親しく話をしていると、その相手の労働者を呼びつけてデマを振りまき、話をさせないようにする。会社の上司が部下に嫌がらせをするような会社では、職場の雰囲気が暗くなり、やる気もそがれるようになる。

こんな職場では、労働者は本根を語ってはいけない。必ず嫌がらせの手段に利用されるからである。デマを振りまかれて職場で孤立するのは一時の事です。労働者は、社長や上司の攻撃の理由が分かれば、本心から支持をしてくれるようになるものです。

こうして新世紀ユニオンの組合員は、今ハラスメントの中で雇用を守る闘いを続けています。その闘いは、組合員自身を人間として鍛え、苦難を自分自身を練磨する貴重な機会にしています。人生の中での苦しいこと、困難な事は決して長続きしません。月が満ちれば後は欠けるばかりです。すなわち「物事は極まれば反転する」ものです。

職場では、闘うあなたに表向きは無関心を装いながら、本心では心から支持している人もいるのです。そうした仲間を増やすためには雑用でもキチンと仕事すること、上司の到底できないほどの仕事量の押し付けには、「できない」とキチンと表明して下さい。会社のために一生懸命働けば「会社を潰そうとしている」とのデマはすぐに崩れるのです。

人生の長い道のりは、時として人に苦難を与え、人間性を練磨する機会を与えるのです。つまり自分の苦難は自分を鍛えるためにもなるので、決して悪いことではありません。なぜ自分がこのような酷い目に合うのかは、次第に大衆の中に浸透していくものなのです。自分は不当な扱いには決して屈しない、という強い決意を持つことが重要です。ユニオンの多くの仲間があなたの頑張りを心から応援しています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ荒らしを削除しました。

 管理人からのお知らせ!
 一部のブログ荒らしは「反面教材」として残してありますが、他の悪辣な挑発の書き込みは削除し、それと関連する書き込みも削除しました。ご理解ください。
 また空白を開けていた書き込みは、見苦しいのでいったん削除したうえで、上に張り付けました。

頑張って

 逃げたら永遠に逃げ続けないといけなくなります。
やる気が失せひどくなるとうつ病になってしまいます。
闘って行動することで心が鍛えられ、最初は暗く浮かない顔をしていた人も、明るく、生き生きとされていく姿を何人も知っています。
逃げないで悪循環を絶つために、闘うこと。。
ユニオンも沢山ありますが、新世紀ユニオンは際立って団結力の強い組合です。
2018-04-06 13:26

追加

腹立って落ち込んだら、抗わず気晴らしに散歩するなり、ネットで無料の音楽や映画を楽しむなり、何らか浸って下さい。どうしても一時期だけは、どうにもならん時が、必ずあります。気合いを入れてとか、抗うのは逆効果。アルコールは欝を強く出させるので、やけ酒?も良くないとか。
こういう時(ただしショックや欝が深刻ではない時)尾崎豊とかスティングとか、私はオススメします。

イヤなら辞めろ(?)

 昔々、パワハラという言葉さえなかった時代、毎日毎日パワハラを受けるため出勤し、働き、いやパワハラを受けるために生きていたような時期が数年間ありました。
 そんな時、ついつい古本屋で手が伸びた『イヤなら辞めろ』いう本。なんか慰められた?同情してもらった?気分がして買い、一気にむさぼり読みました。
 中身は全然、見かけ(タイトル)と違いました。まさにこの記事に書いている、そして新世紀ユニオン委員長のモットー『労働者として立派に生きる』そのためには吾を忘れてアホは相手せず、真面目に努力しよう、もう、さすがに、これ以上ムリ、としか思えないまでやりきったら、あなたは今までよりはるかに大きな人間になってる、そこで初めて悩んだり愚痴をこぼす、つまり『イヤ』と言うのを『辞めろ』いう内容だっかたと記憶しています。
 正しい事、いくら会社が嫌でも腹立たしくとも、会社の業績や将来の発展に向け努力するのが正しいと信じて自分だけでも真面目に頑張り続ければ、いつか必ず好転します。たとえば転職、ヘッドハンティングとか、経営者が総交替してマトモな人に大抜擢されるとか。
 まずは信念を持って、自分の道を進みましょう。アホの一挙一動は、顔だけ相手にして怒ってなやんだふりしね、腹では軽蔑しとけばよいんです。

闘うことを忘れた弱い集団

アホ上司が何しよ~うが、ただただ、言うことを聞くだけが処世術のゴマスリ人間は、どこの世界にも沢山いるよね~。それで、無理にでも仲間を作り、連まないと活きていけないような弱い人間。だいたいは、“処世術”とかいってコトナカレの自身を正当化してますが、いまの霞ヶ関が典型であるように、むしろ日本のサラリーマン世界では、こういうのばっかかも。当然、クリエイティブな仕事などできっこない連中。

そういう人間に対して、闘えいうても無駄。
死ぬまで闘うことを知らない連中やと、自分は内心軽蔑していますが、そういうのが管理職になると、とたんにパワハラやモラハラをはじめるんかもしれない。いずれにせよ、変わることをないと思っています。

しかし、日本でもまだ、闘える人間は少しはいると信じています。そういう人間だけが、このユニオンには集えばええんです。本当は自身の尊厳のために闘うべきやと常に思ってるし、せめて自分だけは、そうありたいと思い続けてます。

そういえば、最近のニュースで、財務省とか、防衛省とか、文科省とか、内部告発が増えよりますよね。なかには不満が抑えられない、志を失っていない公務員も少しはいるんだろうと、微笑ましく思ってます。

この記事の真意!?

(良くも悪くも)経験上、ものすごく心に染み入りますが、うまく言葉になりません。
 泣き寝入りするな、しかし感情に押されるな、辛いだろうが耐え真面目に働く、必ず見ていて救ってくれる人はいる、ハラスメントしか能のないアホはいずれ、断念して手を引く、そして恥ずかしい余り自滅する、
 しかし残念ながら職場に本当の仲間がいなかった場合、それでも新世紀ユニオンには応援してくれる仲間がいる、
という事になるか?いやどうしても言葉になりません。
 すぐ闘え、会社を潰すまで闘え、職場で自ら殻に籠れ、周りは絶対に信用するな、ではありません。
 確かにいじめられ抜き耐え抜き闘えば、何か吹っ切れたか、一段 上に上がれた心意気に、なれました。
真似しろとは言いません、人によっては本当に潰れてしまいます。
 
 いちばん大切なのは、人一倍真面目に働き一層の実績を残し、誰よりも多く会社の業績に貢献する事です。
 これはなるべく、マネして下さい。アホども怖がって、手も足も出なくなりますよ。

「命」ほどこの世で尊いものはない。
その「尊い命」を自ら断ちたくなるはど頑張って闘う必要はないし、すべきではない。
しかし、闘える気力が残されている人は闘って欲しい。
自分自身の名誉と尊厳の為に。
後に続く、同じく苦しむ仲間の為に。
明るい未来を築く為に。


荒らし?さんへ

何か疚しい、ドキッとする事を書かれて、ついつい反応しちゃったのね。
当労組の団結と良心の強さをバカにしないように。

ブラック上司は撲滅や!

最下段の書き込みは、モラハラを行っている黒上司やな!

上司のいうこと、何でも聞く部下だけカワイイんやろ。

それでえ、言うこと聞かんやつは、嘘の噂を流して、孤立させ、集団で追いだそうとするんやろ!

やられた方は、闘わんかったら、どうやゆうねん。
何が社会悪や! おまえ(最下段書き込みのクズ)こそが、小者の悪人やろうが。

もし合ったら、とことん訴えて、追い詰めたるさかいな! 覚悟セイよ!

私もいじめられてます。

 いじめられている人を、励ます内容がどうしてハラスメントを肯定することになるのですか?
 女性が逃げてばかりいては、次の仕事は非正規です。
委員長さんは「戦え」とは言ってませんよ。
 我慢して雇用を守るようにおしゃっているんだと私は思います。
 ユニオンが社会悪だとは私は思いません。私はいつもこのブログに励まされています。

まるでハラスメントを肯定しているかのようにも読めます。
自分のためになら一番にすべきことはまず逃げることです。無理に闘って心に深い傷を負ってしまえば鍛えるどころか人生自体台無しにもなりかねませんよね。
本来ならあなたがたユニオンの世話にならず誰しもが円満に社会生活をおくりたいのですよ。
鍛えられる等とこじつけて無理に闘わせようとするなら単なるあなた方の自己満足でしかなく社会悪です。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード