FC2ブログ

パワハラ裁判は避けた方がいい!

新世紀ユニオンがパワハラ裁判を重視したのは、パワハラでうつ病になり、裁判を行うお金がなく泣き寝入りとなった組合員が自殺同様の亡くなり方をしたことがきっかけでした。その後裁判で証拠のある事案をいくつか勝利的和解を重ねてきましたが、昨年からパワハラ裁判で敗訴が続き、その内容が弁護士のあからさまな裏切りなどで、新世紀ユニオン潰しかと思える内容でした。

経験が示しているのは、うつ病は闘って勝利的和解をした人は全治し、泣き寝入りした人はうつ病が治癒しないことが明らかとなっています。ところが裁判所はパワハラを全て「指導上のトラブル」にしてしまいます。そうなると現在パワハラがますます退職強要の主要な手段となり、結果現在うつ病に悩む人が30万人とも40万人とも言われているのが増えることになりかねません。新世紀ユニオンへの労働相談でも多くの労働者が会社に隠して心療内科の治療を受けています。

安倍右翼政権が下僕にしているのは官僚だけでなく司法も反動化しています。特にパワハラについては法律がなく、会社側が「指導上のトラブル」で全てかたずけるため労災認定も認定基準を満たしていても認定されず。したがって裁判でもパワハラはなかった事に判決でされます。裁判で敗訴した組合員のみなさんには本当にすまないと思っています。悪質なのは判決でユニオンの分裂を促す配置をしていることです。こうした点からも新世紀ユニオン潰しと捉えるのが妥当のようです。

パワハラでうつ病になった労働者に聞くと「加害者を本気で殺そうと思った」と半数以上の人が語っています。法律がないのでパワハラの裁判ができないとわかったら、被害者のうつ病が重くなったり、事件や過労自殺等も増えるのではないか?と心配しています。パワハラでアルコール中毒になった若者もいます。だからパワハラにはすぐやめるのがいい、と次々辞めていけば、事実上の解雇の自由化が実現します。問題は裁判所と企業のパワハラ容認が、人も組織もダメにする点です。企業自身がパワハラで人材の多様性を喪失し、腐敗し、違法行為で潰れていくことです。既に一流企業でデータ改ざんなどの不正が多く出ています。

厚生労働省はパワハラの法律での禁止を検討していますが、検討会は経営側の反対で立法化は難しい状況にあります。パワハラを容認している悪質なブラック企業が、話し合いでパワハラを認め謝罪するわけがなく、後はユニオンが宣伝戦を背景に交渉を行う他手段がない状況にあります。パワハラ企業については今後も重点的に活動対象企業に指定して闘いを継続する決意です。

なおパワハラの闘い方については今後大会議案の討議などで意見集約をする予定です。合法的闘い方がパワハラでは難しい以上裁判以外の大衆闘争で闘う他ありません。この点で創意工夫が必要です。

*現在解雇になりかかっている組合員が何人かいること等から多忙が続き疲労ぎみで体調がすぐれません。5月号ニュースの発行と郵送がいつもより2日ほど遅れます。御了承下さい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

セクハラ罰則

セクハラの罰則制定が見送られたらしい。
研修で改善するならとっくにしているわけで,何~にも解決してない。

日本うんざり。政治が悪い。企業や病院はやりたい放題。
民主主義はたてまえ。酷い世の中だ。

この腐敗した世の中

悪い弁護士さんって,いったいどれくらいいるんですか?

日本の政治が腐敗してること,三権分立が崩壊してることと関係ありますか?

安○内閣の支持率が下がらんのが,何トカミックスのおかげで,株価が高水準を維持しているからだと今朝聞きましたが,本当に,そんな下らない私利私欲に,たくさんの日本人達がぶら下がって生きてるって本当ですか?

自○党がダメなら,何処を支持したら,日本は,自己中がうごめく世界の中で,真の民主主義と人権を守っていけますか?

重点的に活動対象企業に指定

何社?いや企業に限らないかもなので、何件?私は微力かもしれませんが、精いっぱい協力します。

恩を仇で返した?

もし恩を仇で返しているなら、公開すべき思います。

正義の弁護士さん

「白い巨塔」に出てくる正義の弁護士さんみたいの方がスキです♪  お金に塗れていなさそうな庶民の味方です。 

現実にはいないのかなぁ~?

弁護士さんに精根の腐った悪魔がいるなんてドラマだけかと思ってました。知りませんでした。そういう悪者は誰だって紹介して欲しくありませんよね~。

やっぱり早く名前と所属を公開したほうが良いと思いますよ。

しなければきっとユニオンさんを信用できなくなりますよ。

相応の措置は要るのでは?

みんな精神的に何よりも経済的に苦しいところを、弁護士を信用して無理して安くない着手金を、捻出したんでしょう。
しかし実際は自分の利益のため裏切った?過去の記事で実例は、見ましたが。
結局、最終局面で原告に無断で請求趣旨を変更し、本人に説明もしなかった裁判も、敗訴に持ち込まれたんですか?
無罪放免はあかん思います。

裏切り者は実名公開せよ!

被害者を拡大しては、いけない。
手口はわかっているようだが、事実だけを記載し実名を公表してはどうか?
これまで何年も仕事を回した挙句に、裏切った。
赦してはならないだろう。

裏切り者の弁護士は即極刑!

何年にもわたる長期の,そして陰険でジワジワとした精神攻撃の数々を受け続けたモラハラの被害者は,すでに精神的に疲弊しきっていて,藁をも掴む気持ちでユニオンや弁護士事務所に相談に来てるはずです。

そこで闘え,といわれても,悲惨な体験を思い返すだけでもショックなのであり,体や心がいうことなど到底ききません。闘おうとすることで,普通の人間レベルなら余計心身を圧迫されてします。日々被害内容(怨節)を日記に付け,時系列でまとめるなど,被害者本人にとっては過酷極まりないことなのです。昔の嫌がらせの数々を客観的にまとめるなど,身近で献身的な理解者がいない限り,まず無理でしょう。いわんや,生の録音テープを自身で書き起こし,客観的にハラスメント被害を探すなど,残酷すぎて,勧められても普通はできません。鬱病になるだけです。

過去の書き込みで,“何か没頭できることを見つけて,忘れること”を勧められた方がいらっしゃいました。それが正解です。被害者自身が四面楚歌の中,陰険で第三者がどうにもできないようなレベルの嫌がらせ被害のことばかり想い,相手を殺したいとばかりに執念を燃やし,必死に闘おうとすればするほど,精神は疲弊し,やがてまともな社会生活など送れなくなるのです。モラハラ加害者の真の狙いはそこなのです。何でもなさそうで,本人だけがショックを受けるようなことを,多方面から同時多発的に,何度も何度も,何年も何年も,辞めるか死ぬかまで,平気で続けるのです。もちろん黒幕は直接手を下しません。大勢の手下が逆に被害者を粧いながら,攻めてくるのだから,たまったものではありません。被害者なのに,周囲からは加害者,変態といった目で見られ,噂されるなかで生き続けているのです。

そこで,仕方なくユニオンに頼るのです。そして最後の砦として期待するのが,プロの弁護士さんの代行! のはずです。本当なら将来への不安から,500円,千円でも惜しいところを,多額の弁護士費用や毎月の会費を支払い,自身の被害者としての正当性を正そうと,その一心でおすがりしているのです。



その弁護士に裏切られる?


極刑です!!



決して,野ざらしに放置すべきではありません。
そして決して裏切らない正義の弁護士を早急に確保し,被害者の皆さんを安心させるべきでしょう。

この件を放置し,もしも泣き寝入りもやむなし,ということなら,当然もう誰も,貴重な会費を払ってまで,おすがりはできないことでしょう。

訴えるという行為の後の報復が悲惨であることを考えれば,勝つ見込みのない無益な戦いに人生の多くを費やすべきではありません。それよりもその職場環境からはやく離脱し,没頭できる何かを見つけて,平穏な残りの人生を送ってください。人生は一度きりなのです。弁護士に裏切られ,裁判に負けたでは済まされないのです。


パワハラやモラハラ加害者の周りには,結局イエスマンやゴマスリの三流以下しか残りませんから,放っておけば,いずれ社会的な制裁は受けますし,倒産するはずです。

むしろ自身の絶対的な身の安全を確保する方が先です。
そのうえで,攻撃を開始すればよいのです。備えてのち闘えの真意だと思います。

だから,裏切り者の弁護士など,言語道断ということです。
裏切り者を放置してはなりません。

ユニオンに属して大ごとにしたことで労働者の未来は無いとか、言われたけど、しっかりとした工場で働けてる私がいる
仕事は選べなくなるかもしれないけど、ブラック企業からお金を奪い取って潰してやろう

きついよね

裁判以外の大衆闘争の方が、ブラック企業には痛いぞ。
ワタミも結局、大衆の力で折れたし。

敵のよく使う手口

 関東のユニオンでも同じようなことでユニオンの活動が過激だから負けた、とユニオンが分裂しました。敵がよく使う手です。気を付けてください。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード