FC2ブログ

会社側の回答書の特徴について!

現在、いくつかの会社と書面のやり取りをしています。その回答がそれぞれ特徴があります。
(1)違法解雇の違法部分を書面で具体的に指摘されて、降参して解決金をおとなしく払う会社。
(2)書面で残業代の支払いのために、団体交渉を求めたら拒否し、まともに回答しない会社。
(3)職場での社長の嫌がらせに付いて、慰謝料請求権を留保している事を指摘したら、「組合には代理権がない」団体交渉を申入れないのには答えない。という変な対応をする会社もあります。
(4)会社の不当労働行為や嫌がらせ、セクハラ等を指摘したら、証拠があるものまで、几帳面に全て否定して来るアホな会社もあります。

ブラック会社には、それぞれの会社の特徴があります。新世紀ユニオンでは団体交渉を行う前に宣伝を行います。会社名を出して宣伝すると、穏便な解決ができなくなるので、穏便に解決しょうとしているのに、それが変な社長には困ったことにユニオンの弱点と取り違えるようです。

ある会社は団体交渉を拒否し、ある会社はユニオンには代理権がないので答えない、という。裁判になれば大金がいるので、話し合いですぐに解決金を振り込んでくる会社もあります。それぞれの会社には、それぞれの成功体験や失敗の体験があるので、全く別の対応をしてきます。つまりブラック企業も一様ではありません。それは主要にはトップの人間性・器の大きさによるようです。

最近、新世紀ユニオンは、多様で、柔軟な戦術を採用することに決めました。できるだけ社名や社長名を出さずに穏便に解決する。それでも交渉を拒否する会社には団体交渉を申し入れる。それでも駄目な場合は宣伝を強化する。解雇を撤回し残業代を支払う、いわゆる「話のわかる会社」にはできるだけ会社の名前を出さずに、穏便に解決する。悪辣な会社はブログやチラシ宣伝で世間に恥をさらすようにする。

つまりブラック企業でも10社あれば10通りの解決策があるのが労働事案です。会社と書面を交換していると、本当に利口な会社と、トンチンカンな会社と、利口とはお世辞にもいえない会社があります。穏便に解決しょうとしている新世紀ユニオンの行為が理解出来ないアホな会社が多いので苦労します。社長なら新世紀ユニオンの事を少しは調べてから書面対応したらいいのに、とよく思います。新世紀ユニオンをどこかのダメユニオンと同じ扱いをすると本当に痛い目に合います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

もしかして?

あのブラック企業と例のユニオン?

どこかのダメユニオンと同じ扱いをすると本当に痛い目に合います。
ホンマですね。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード