FC2ブログ

労働者が人間として生きるために!

労働相談で明らかに違法解雇であるのに、貯金が1円もない、という人が増えてきました。借金を抱えている人も少なくないのが最近の特徴です。いざという時に弁護士着手金ぐらいは貯金しておかないと、理不尽な屈服の道・泣き寝入りの道を選ばねばならなくなります。

労働者であるのに「カードがないと生活できない」と借金を大量にこしらえ、解雇裁判に勝利的和解しても自己破産して「ユニオンに拠出金を払えない」と言い出す人もいます。

労働者は、少なくとも賃金の20%ぐらいは貯金して解雇や災害や病気に備える心構えでいてほしい。解雇裁判を闘う間はアルバイトで凌がねばならないが、「家族がいるのでむりだ」と言う人も少なくありません。逆に裁判中の生活費をまかなえるだけの貯金を用意している人もいます。日頃のつつましい生活で備えている人は記録や証拠をキチンと残しています。

労働者は収入が限られています。カードで必要なだけ使いまくれば大きな借金ができるのは当然です。収入に見合ったつつましい生活をしないと、後で泣きを見ることになります。会社は労働者がローンを組んで家を買った事を知ると、よく遠隔地配転で退職を強要してきます。遠隔地配転に応じるとローンと家賃が2重に必要になります。そうすると自己退職を選ぶほかありません。そのように労働者の経済的弱みを会社は見ながらリストラを進めてきます。

労働者が人間として生きようとするなら健康と貯金は欠かせません。経済的に弱みがあると奴隷のごとく経営者に屈従しなければなりません。最近のように経営者がパワハラ・セクハラで精神的屈服を迫るのが世間の一般的傾向の中では、真面目に筋を通そうとする人、奴隷のようなイエスマンではなく、人間として言うべきは言う、信念を貫く生き方をするには、どうしても経済的備え(=貯蓄)が必要です。

最近労働者の中に、カードを使いまくる、借金をしないと損、という傾向が一部に見受けられるので書きました。参考にして頂きたい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

先立つものはマネーです。

 確かにカードはいけません。いつの間にか赤字ですから。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード