FC2ブログ

他組合からの新世紀ユニオンへの加入意思について!

新世紀ユニオンはリストラと闘う労働者のために戦術レベルを挙げる、という使命を掲げて、この17年間、ユニオンの闘い方等に付いてホームページで公開してきました。既に全国にユニオンが結成されつつあるのは、日本の企業内組合がリストラされた労働者がユニオンショップの下では、解雇と同時に非組合員となり、雇用を守るための闘う労組を客観的に必要としたことに、その存在意義がありました。

いくつかのユニオンから、組織ごと新世紀ユニオンに加入したい、との意思が寄せられています。各地のユニオンが、新世紀ユニオンに共鳴して団結していく方向性は正しいと思います。しかし私は「今はまだその時ではない」と考えています。というか、労働戦線の闘う統一は、真の労働者政党が本来呼びかけるものであり、新世紀ユニオンがその旗を掲げても権力に潰されるだけであり、今は各地のユニオンが基盤固めを行い、同時に互いの闘いをホームページを通じて学べるようにしていく時期であろうと考えています。もちろん余裕ができれば各地のユニオンを回り、戦術指導をしたい、そうしないとユニオンの戦術は全国的に高まらない、と考えてはいますが…、これは私の願望です。

したがって、各地のユニオンがそれぞれの闘いで労働者の信頼を強め、財政基盤を固めて日本の労働者の組織化を進めていく事、その中で各地に労働者の指導者が育っていくと私は考えています。新世紀ユニオンの名前・看板を使うだけの団結では意味がなく、それぞれのユニオンが地域で信頼される労働組合として成長していく事が何より重要だと考えています。したがってユニオンの戦術上の相談に付いては無条件で協力していく方向でいます。

どうすれば労働者に信頼されるユニオンにできるのか?

新世紀ユニオンでは、第1に「ボス交はしない」裏金を当てにした交渉では労働者の信頼は得られないからです。
第2に「本人の出席しない団体交渉は原則しない」(パワハラによるうつ病などの場合は例外)できるだけ本人の意思を尊重し、大衆路線を通じて闘うようにする。闘いの中で組合員が人間として成長できるようにしないと、闘う意味が半減するように思います。
第3に、ユニオンの財政を組合員の毎月の組合費を一番の財政基盤とすること。そうしないと、好況時に解雇が減少すれば拠出金が減少し、財政が脆弱化するからです。
判例の「新世紀ユニオン事件」で、労組の争議や裁判での解決金の10%の拠出金を、裁判所が初めて認めた事は、ユニオンの各地での結成を促すうえで財政上画期的意義がありました。しかしそれでもユニオンの財政基盤は、第一に組合員の月づきの組合費(収入の1%)に中心を置くべきで、そうしないとユニオンの財政が安定しません。したがって新世紀ユニオンの今の最大の課題は、どうして組合員の定着性を高めるかです。以上参考にしてください。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

コミュニティ▼▼全国××△△△ワーク系ぽい疑いですね。使えるのはとにかく利用してやろうという、新世紀ユニオンと連帯して階級闘争の意思なんてない思えます。勘違いして舐めてる思います。

ボス交、裏金ダメ

他の記事によれば弁護士も次々に、裏切る昨今のようで。結局、目先の利益だけで裏切ってると後々で信頼なくして困ると思うんですが、わからないのでしょうか。

No title

そうですね。裏金というか「合意退職」で解決金を受け取るだけ目当て、その人数を積み重ねるのが実力や実績かと言いたくなる団体がいました。解決しない、裁判になるので時間かかりそうと見るや法規したみたいなのが、いました。頼りないです。

「新世紀ユニオンでは、第1に「ボス交はしない」裏金を当てにした交渉では労働者の信頼は得られないからです。」
これは、素晴らしいですね。他のユニオンは、平気で裏切りますからね。

No title

拝見。参考にします。しました。色々、考えました。また事務所へ行ける時に、相談します。なかなか交流会が、日時合わず行けないので。。。
少なくともボス交と本人ぬき(あるいは了解なし)折衝は、絶対ダメと思います。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード