FC2ブログ

自分が巻き込まれたパワハラを分析すること!

労働相談でパワハラの相談が増えています。自分がパワハラの被害者である場合、その狙いや背景を見ることが重要です。新世紀ユニオンではパワハラ事案をたくさん経験しています。それらを分析すると、パワハラにはいくつかのパターンがあるのが分かります。以下はその主なパターンです。

(1)雇用調整助成金目当ての嫌がらせ退職強要・追い出しねらい。
   リストラ狙いのパワハラ。

(2)社長がワンマンで、性格がけんかいであることからおきる。
   「アホ・ボケ・やめろ」が口癖のワンマン社長の中小企業に多い。

(3)職場にパワハラのモンスター化した集団が形成されている。
   病院や大学に多い。

(4)市の業務委託の事業であるがゆえのパワハラ。
   市からのお金が振り込まれるや、すぐにパワハラで退職強要をする。

(5)仕事を妨害・成果の略奪のためのパワハラ。
   ライバルを蹴落とすために起きることが多い、加害者は同僚が多いが上司の例もある。

(6)上司がひとを精神的にいたぶるパワハラ好きで起きるパワハラ。
   権威主義の姑息な上司の職場に多い。

(7)特定の個人の優れた能力や学歴・あるいは美人であること等にねたんで起きるいじめ。

だいたいパワハラは、以上の7つのパターンに区別されるが、それ以外のパワハラもあります。同時に複数に関連したパワハラもあります。
現在職場でパワハラを受けている方は、参考にして下さい。パワハラが自分のいたらなさから起きるのではなく、必ず原因があること、狙いがあることを認識することが重要です。この分析に基づいて解決策を検討しなければならません。(パワハラの相談は新世紀ユニオンへ)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

日本の社会

最近は、ネチネチと弱いものイジメする職場が増えてるらしいですわ。
組織よりも自分、つまり自己中が蔓延してるからなんですわ。
マナーがわるいんは、今の子どもだけやない。
日本の社会全体から道徳教育が消えかけてるンが、諸悪の原因やね。

悪に屈してはあきません

↓ ↓

 それは、きっとパワハラ(モラハラ)加害者が、そのようにマインドコントロールしてくるからですよ。

 もしかしたら、ハラスメントと気付く何年も前から仕掛けられていたのかもしれません。ご自身のことを冷静かつ客観的に分析することは難しいことですが、不可解な出来事を、時系列に整理してみると、案外、相手の魂胆が透けてみえることもありますよ。

 そもそも、パワハラ(モラハラ)を受ける側が悪いなどという、相手(多くはは腐敗集団)の策略にのってはあきません。

 毅然とした姿勢は崩さず、少しずつ、アホ集団からは遠ざかることが賢明です。接触すると、知らず知らず、嫌疑を仕込まれますからね。

 大抵は、私利私欲に縋っているだけの連中です。
 何かのちっぽうけな理由から、あなたの存在が邪魔だと考え、執念深く狙っているわけです。
 話し合ってどうになかる善意の連中では決してありませんから、まともに解決策を練るのではなく、闘うか、遠ざかるかをお考えになるべきです。私は、遠ざかる方をお勧めしますけど…。

自分の能力と考えてしまいました。

 パワハラ加害者の悪意がなかなか見えず。いつの間にか自分のせいのように考えてしまいました。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード