FC2ブログ

ノーベル賞を受賞した本庶佑さんに学ぶ!

京都大学の本庶 佑(ホンジョ・タスク)特別教授は、ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった。がんの免疫治療の薬((オプジ―ボ)の開発につながる研究が評価されたものです。
彼が素晴らしいのは「6つのCが時代を変える研究には必要だ」と語っていることです。6つのCとは英語表記で好奇心、勇気、挑戦、確信、集中、継続の頭文字のことです。

本庶さんは、報道陣に「基礎研究を計画的に、長期的なサポートして若い人が人生をかけて良かったなと思えるような国になることが必要ではないか」と語っています。主要先進国の中で日本だけが研究論文が大きく減少していることへの危機感が言わせた言葉だと思います。彼はまた若い人たちに「教科書を信用するな」とも語っています。既成の概念にとらわれるな、という意味であろうと思います。

自然科学の研究実践に置いても、社会を変革する実践に置いても、人々が持っていた計画や理論、構想が何の苦労もなく実現出来ない事は明らかです。何故なら客観的過程の側面や本質がまだ十分に露呈していないことや、科学的条件や、技術的条件や社会の階級矛盾の発展度合いや、様々な制約があるので、研究や社会変革には共通して本庶さんのいう「6つのC」が重要なのだということだと思います。つまり好奇心、勇気、挑戦、確信、集中、継続が研究者にも階級闘争を闘う労働者にも、共通して重要なことだと思います。本庶さんはがんの免疫治療の研究に何十年もかけています。

ノーベル賞を受賞した本庶佑さんが追い求めた「6つのC」=好奇心、勇気、挑戦、確信、集中、継続は、時代を変えようと闘う労働者にも、何よりも重要なことだと言わなければなりません。労働者が企業の違法行為と継続して闘うにも勇気や挑戦や確信や集中が必要不可欠なのです。本庶さんはノーベル賞の賞金などを「若い研究者のための基金」として使うことを表明しています。「時代を変える者」はたとえ成功しても、何処までも無欲であることも学ぶべき点です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

6つのCを大切に、胸にしみます。委員長の日記を読んでいると、最近病院や大学で、あってはならないことが頻発しています。同僚を殴ったにも関わらず教授をしていたり、教授という立場を利用して、若い女性非常勤講師にせまり、断られたら、腹いせにクビにする。これが最高学府とよばれるところで許されていいのでしょうか?そして、容姿端麗、有能な同僚がいたら、イジメる。白衣の天使はうわべだけ、病んでいるのは、むしろ看護士さんの方。こんなハラスメントがはびこる病院には絶対にお世話になりたくないです!
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード