FC2ブログ

業務委託を装う会社が増えています!

労働相談で残業代を払わないので団体交渉を申し入れると、相手側企業が「労働契約を結んでいない、業務委託契約だ」と主張して来る例が増えていますので書くことにします。労働者が働くときは口頭で「賃金はいくらだ」といいながら雇用主が雇用契約書を交付しない場合は注意して証拠を残すようにして下さい。

業務委託である場合は「業務委託契約書」を交付するのが一般的ですが、交付しない会社もあります。労働契約法上の労働者性が認められる場合は、いわゆる「使用従属性」と報酬の「労務対称性」という二つを満たさなければなりません。分かりやすく説明すると以下の要素が判断基準になります。
(1)仕事の依頼等への諾否の自由の有無(断る自由があるか)
(2)指揮命令の有無(会社が命令しているか)
(3)当該業務への専属性(その仕事だけか)
(4)経費等の負担の有無(会社が経費を負担しているか)
(5)事業所得か給与所得か(給与明細があるか)

新世紀ユニオンの経験で分かりやすく説明すると、専門学校の教員を学校側が「業務委託だ」と主張した事案では、仕事を学校側が指示していた事、経費も学校側が出していた事、給与明細があったことで雇用契約と司法は認定しました。特に事業所得である場合は経費の負担などがあるので高額です。所得が賃金程度の額である場合は給与所得は明らかですが、念のため給与明細書を事前に請求しておくべきです。

雇用契約であることが明らかになれば、雇用契約書がない場合は労働基準法が適用されますので、残業代も請求できます。つまり残業代を払いたくないので「業務委託」や「業務請負」を偽装する会社が増えているのです。こうした違法行為を裏で指導しているのは弁護士です。

このほかソフトハ―トという会社は、レジの派遣業務の会社であるのに、派遣法の制約を逃れるため「レジ請負業務」を看板にしていました。請負といいながら労働者にレジ以外の商品の陳列などの仕事もさせていました。新世紀ユニオンが告発し、兵庫労働局は偽装請負について指導をしました、(ソフトハ―トは、平気で雇用契約書を偽造する危険な会社です。)指導の結果、現在はホームページで「レジ業務の派遣」を明記しています。
労働者は悪辣な偽装雇用の会社では働かないように気を付けるべきです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

そりゃ、

ソフトハートは偽装の鏡ですから。
世の経営者たちは、反面教師にしてもらわないと。

 女性を差別してもうける企業

 女性の賃金はホントやすいです。
 日本の女性差別は世界の先進国で一番ひどいです。
 

うんざりです

女性だから、男性と同じだけ働いていても、給料が安い。同期入社なのに、昇進が遅い。戸主じゃないからと、手当てをけずられてれる。家計の負担は、平等なのに。その上、家事負担は、圧倒的に女性にかかる!

 昼休みの読者

 久しぶりの悪名高いソフトハートの名前が出てきましたね。
 偽装請負を告発しても労働局は指導だけなんですね。
 
偽装雇用の標的の多くが女性です。
許せませんね。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード