FC2ブログ

パワハラを否定した日本体操協会の愚劣!

リオデジャネイロ五輪体操女子代表の宮川紗江選手が、日本体操協会の塚原千恵子・女子強化本部長らから「パワーハラスメントを受けた」と訴えた事件で「第3者委員会」は、「パワハラは認定できなかった」とした。これを受けて塚原光男副会長と千恵子本部長の職務一時停止を解除し復職させることになった。

「あのコーチはダメ、私なら100倍教えられる」などと自分たちの家族で経営するクラブへの引きぬきを策した事を「引き離し行為は認められない」と協会は否定した。体操選手へのパワハラについてはICレコーダーを隠し持つことが出来ない為、いくいらでもいいわけができる。

その組織の権力者が、パワハラや違法行為を行っていてもほとんど咎め立てが出来ないのが日本社会の特徴だ。パワハラを禁止する法律もないのでやり放題だ。現在パワハラ法案が作られようとしているが、罰則も損害賠償義務もない努力義務のザル法だ。このような法案を作るとますますパワハラが悪質化するのが日本社会の特徴であるので事態は深刻だ。

大学では有望な研究者を陰謀で陥れ、研究を潰し、任期制で追放する、ということが日常的に起きている。研究組織でも同じで、パワハラやセクハラが研究略奪や追い落としの手段となっている。しかもこうしたパワハラを訴えても裁判所は悪い権力側を支持するので、日本の有望な若手研究者は次々潰されている。今や大学は亡国の大学となっている。

一国の首相が国有財産を政治権力の私的利用でかすめ取り、友人に分け与えるような国なので、日本は大学も、研究機構も、スポーツ組織も腐り切っている。企業では妊娠したらパワハラされて退職に追いつめられる。パワハラでうつ病になっても雇用を守ることは難しい。裁判所が労災認定されたパワハラをさえ否定して、腐りきったパワハラの加害者=権力側をすべて支持するのだから、この国は「亡国の道」を突き進んでいるとしか言いようがない。権力者が、その権力を私的利益に利用していることが明らかであるのに、堂々とパワハラを否定するのだからどうしようもない事態だ。

新世紀ユニオンではいくつかのパワハラを阻止したり、解雇事案で勝利的解決をした経験があるが、パワハラ事案だけは、裁判所が反動的なので合法的闘いは現時点では難しい、ネット上で暴露して恥を書かせるしか対策がないのが現実である。社会的弱者に合法的救済の道がない社会は、民主的な社会とはいえない。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

「第3者委員会」といえば、引き続き時間稼ぎで逃げてるんですか?例の大学。

絶望な国?

国は解雇も安い金銭解決化や自由を策動しており、原告弁護士も裏切りまくる時代。
そして改憲して戦争する国にして、困窮した日本の労働者を徴兵する考えか。
基本にかえって大衆宣伝から始める感じでしょうね。いずれ労組法まで潰されない内に。

この国は腐っています

 この国は民主主義と程遠い実態があります。
 皆が声をあげないといけません。
 政治が支配層の特権を守るためにパワハラを容認していますから、ひどくなるばかりです。
 フランスの人たちのように立ち上がることが必要です。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード