FC2ブログ

従業員間のケンカへの対応と使用者責任!

関西学院大学の事案での、問題の解釈での混乱があるようですので書くことにしました。
一般的に従業員同士のケンカで暴力行為があった場合、加害者の従業員は被害者の従業員に対して、不法行為に基づく責任を負います(民法709条)

金明秀のA先生への一方的暴力の発端は、A先生が書いた本「松田優作と7人の作家たちー『探偵物語』のミステリ」(2012年刊)の感想を聞かせてほしい、と他の先生に求めたところ「本はしっかり読んだがなにも覚えていない」「一文字も覚えていない」という知識人らしくない対応に対し口論となったことが、金明秀の気に障ったのか?暴力を一方的に振るうきっかけとなりました。つまり事件は大学の研究者が発行した著作物の感想をめぐる暴力事件であり、「事業の執行と密接な関連性を有すると認められる」ので関西学院大学には使用者責任があることになります。(この項訂正しました)

関西学院大学の金明秀教授は代理人を通し、A教授に一方的な暴力を謝罪し慰謝料(治療費など損害賠償)を支払っています。たとえ双方の間で和解が成立していても雇用者(会社等法人)は加害者となった従業員の「使用者」として、使用者責任を負います(民法715条)一般的に雇用主は従業員が安全な環境で働けるようにする義務があります。これを「安全配慮義務」(労働契約法5条)といいます。金明秀教授は分かっているだけで2件の暴力事件を起こしており、またカウンタ―運動の「シバキ隊」内部のリンチ暴力事件でも被害者を攻撃する言論活動をしています。このような暴力容認の危険極まりない人物を、その危険性を知りながら処分もせず、放置する関西学院大学への批判が出ています。

代理人弁護士を双方が立てて和解したのに、A先生をデマで暴力の犯人に仕立てて職場で誹謗中傷し、A先生の心を傷つけました。関西学院大学は被害者のA先生をまるで加害者のように扱い、研究室の引っ越し費用もA先生に出させるなどし、朝鮮語の準教授を仮病で休ませ、A先生は懲罰的な過重な労働を負わされ、うつ病が悪化しました。A先生は和解して穏便に済ました事で、職場で無責任な差別と誹謗中傷にさらされ、うつ病になり、損害を受けることになりました。大学は訴えに何の措置もしませんでした。

一般的に使用者責任は、雇用主は加害者への適切な制裁を与えなければなりません。頻繁に暴力を振るう問題社員には、解雇を検討するのが普通です。同時に被害者である従業員への名誉回復や、心のケアや差別的な扱いの是正、再発防止などが行われなければなりません。新世紀ユニオンが関西学院大学に求めているのは合法的な使用者としての責任です。

ところが関西学院大学は事件から5年以上経ってから第3者委員会を作るのに6カ月もかけました。ふつう暴力事件の初動としてなすべきことは①双方から正確に事情聴取する②時系列で報告書を出させる③証拠を集める等が初動として5年前に行われていなければなりませんでした。つまり関西学院大学は使用者責任を始めから放棄していたのです。その為いまだに引き延ばし策で責任逃れを画策しているのです。一般的に大学のえらいさんたちは自己の過ちを素直に認められません。これは非常に残念なことです。法学部を持つ大学が使用者責任をごまかそうとする点に、この事案がこじれる原因があることを指摘しなければなりません。我々は民法715条の使用者責任を求めているにすぎません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

小学校の担任でも

小学生がケンカしても、担任の先生は双方の話しをキチンと聞きます。関学は、加害者からの言い分ばかりきいていますね。不思議です。おそらくこの事件があった当時の荻野学部長がキム教授と仲良しだから、加害者の言い分ばかりきいて、上に報告して、学部でも被害者のA先生について、公平な態度を取らなかったことで、この問題が解決に至らない。安全配慮義務は、管理者にある。しっかりして欲しい。

No title

いつ破裂してもおかしくないアカハラの情報、セクハラの情報。こっちにもいろいろあるので、下手な対応をしてきたら、記者会見しようぜ。

誠実さも思いやりもない!

 関学はこんな隠ぺい体質だから、暴力教授やセクハラ教授やアカハラ教授がのさばるのです。
 被害者への思いやりがないだけでなく、加害者を守ろうとしているように見えますね??
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード