FC2ブログ

子供の虐待を防ぐにはどうすべきなのか?

親の子供への虐待が相変わらず起き、しかも児童相談所も、教育委員会も子供を守れない現実がある。千葉県野田市の栗原心愛さん10歳が父親に虐待され死亡した事件は、痛ましいとしか言いようがない。

心愛(みお)さんは学校のアンケートに親に暴力のいじめを受けていることを書き「先生なんとかなりませんか」と救助のサインを送っていたが、教育委員会がこのアンケートを加害者の父親にコピーを渡した。これが暴行死の引き金になったことは明らかだ。

日本はアメリカのクリントン政権時の、ヒラリーが作った子供の人権を守る法律に学び、根本的な改革を行うべきだ。児童相談所の権限を強化して救助を求めている子供を断固として守ることを優先しなければならない。ましてや子供のアンケートには秘密を守ると書いていたのに、それが加害者に渡るようなことは子供への裏切りでしか無く、それがもとで子供が死に至ったのであるから教育委員会にこそ問題がある。

子供を守るためには教育委員の公選制で、教育に情熱を持っている人が教育委員になれるようにしなければならない。子供が死んでいるのに他人事のような児童相談所の代表者のコメントは話にならない。子供を守れなかったことを恥じて辞職すべきだろう。児童相談所の職員には家に立ち入り、被害子供と面談し、救助する権限を持たせるべきであろう。

親の虐待で子供が犠牲になる事態を繰り返している事を政治家が立法府として解決策を出すことが求められていると思う。子供は親を選ぶことはできないのである。子供は親の持ちモノではない。子供は社会の宝であり、救いのサインを見逃したり、加害者の親に報復の機会を与えるようなことを二度と繰り返さない改革を求めたい。

ハラスメント防止法から罰則を抜き、慰謝料請求権を抜き「努力義務」のザル法にする日本のいじめ容認体質が、親による子供の虐待死をいつまでも繰り返す事態を生んでいることを指摘しなければならない。いじめを精神的暴力として刑事事件とする断固とした決意が社会に求められているのだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

敬神崇祖

私も子供の頃,日常茶飯事で親から暴力や嫌みといった虐待を受けていました。ある日,求職中で機嫌の悪い父が,小学生の私が大事にしていた蛍光ペンを水虫の足指で転がしていつまでも遊ぶので,注意したら,暴力を加えられたうえ,真夜中になるまで家から閉め出されました。理不尽なことがしょっちゅうでした。教育という名のもと,「家父長」という名のもとに,絶対権力のもとで憂さ晴らしされていました。高校を卒業して実家を巣立つまで,それが当たり前だと思っていました。

両親は今も顕在で,悠々自適の年金生活ですが,私が結婚し,独立して,それなりに給料をもらうようになったのをいいことに,金銭を要求してきます。また周囲の親戚やご近所に,息子が冷たい,帰ってこない,自分ばかり良い思いをしているなどと言いふらし,一方で,職場では多重のモラハラ攻撃を毎日受け,死にそうになっている私を一層苦しめます。もちろん,パワハラの話しなど,通じる世代ではありません。上司が絶対なのです。

私は,今の日本の一般市民達の根底に,明治時代末の大逆事件に端を発する「敬神崇祖」の思想が脈々と受け継がれていると感じています。職場のパワハラやセクハラも,源流を辿れせば,「目上は敬わねばならない」という思想に基づいているのではないでしょうか。

勿論,親や年上の方々を敬うのがおかしいなどと言っているわけではありません。こうした子供虐待事件の話しを聞くたびに,モラルを無くした年長者が増大している現代の世の中を憂え,年功序列を盲目的に敬わせようとする日本の教育や社会の根底が,きっと問題なのだと強く思う今日この頃です。

確かに!

 この話、私も腹が立ちました。
 官僚は上も下もまともに仕事していませんね!
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード