FC2ブログ

上ヶ原病院事案の状況報告について!

上ヶ原病院の事案が労働審判で和解を拒否し、ユニオンは申立人のAさんと協議し、裁判に移行することを決めていました。ところが弁護士が「まだ時間があるから考えろ」といい、時間切れまで引っ張り裁判をぎりぎりで受任しなかったため、審判の決定が出て、Aさんは退職を余儀なくされました。うつ病で働けないのに退職を余儀なくされたのです。新たに着手金が入るのに弁護士が受任をぎりぎりで拒否することは想定外で、理解不能の、裏切りにも似た行為でした。

やむなくユニオンは舞台を兵庫地労委に移し、Aさんが労組員であることを知るや退職届を書かせようとしたこと、さらには団体交渉後の職場の集会でAさんを吊るし上げ、結果Aさんは重いうつ病を発症しました。地労委に訴えたのが一昨年の夏で、今月半ばに証人尋問があります。それまで上ヶ原は準備書面(1)を出しただけで、証拠も少ししか出ていませんでした。

ところが驚くべきことに証人尋問の直前になって準備書面(2)は陳述書、証拠など計約60枚ぐらいの書面を送付してきました。準備する時間をなくす汚いやり口です。証人尋問の打ち合わせの時間を与えない為であろうと思います。しかもその書面の内容たるや、嘘ばかりです。よくも証拠があるのに、このような嘘を付けるものだと感心します。

労働審判で申立人の弁護士を買収したかのような悪辣な手口を使った相手弁護士ですから、驚くべきことではないと言えば言えるのですが、この病院のやり口は汚い限りです。病院内に組合員やサポート組合員がいて、さらには病院内の職場の状況を定期的に手紙で知らせてくれる支持者がいるだけに、当ユニオンは将来のユニオン支部建設を考えて、地労委の情報はブログに書くのをこの間控えてきました。

しかし今回の書面の内容があまりにも嘘が多いので、やむなく今後宣伝を再開することにしました。この被申立人側の弁護士は、わざとユニオンを怒らせて、地労委・中労委・地裁・高裁・最高裁と闘わせることで自分が儲けようと企んでいる可能性も有り得ると思いました。上ヶ原の事案はこのほかパワハラを繰り返した悪辣極まる看護師や師長・看護部長らに対する慰謝料請求訴訟や、正看護師の資格があるのに3年間も助手の仕事を押し付けた病院への慰謝料請求などの闘いをすることができます。とことん闘い、とことん宣伝する以外に、上ヶ原病院との闘いを終結することができなくなったことを非常に残念に思います。
今後、上ヶ原病院の狂気じみた意地悪看護師達や上ヶ原病院の汚い手口を次々暴露することにします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まさか?

 島末部長は上ヶ原病院をつぶすつもりでは?まさか?
 だけど評判とことん落としてますし?まさか?

この部長こと

 自分の体形にコンプレックスを抱いています。ですから美人の看護師をいじめます。
 この病院いじめがすごいです。患者までとばっちりで死なせていますょ。
 看護師さん!上ヶ原は最悪です、避けてください。

通風が出ていますのブログに、上ヶ原病院への書き込みか多く載ってるね‼︎島末って西宮回生にいた超人ハルクかな⁇だとしたら上ヶ原病院の看護師気の毒に‼︎‼︎突然消えたと思ったら上ヶ原で部長やってたのね‼︎‼︎驚き‼︎

病院という稼業(?)

たしか地域か医師会の管区内で、病床数の足りない他の病院から患者を紹介やら事務的か自動的に入院させる制度か慣習あって、いわゆる「食いっぱぐれ」ないんでしたっけ?
それ本当なら、こんな汚い事し続けても潰れないの納得できます。患者と家族は特定の病院名を出し、「この病院は絶対にイヤ」と断る権利や制度ってないんですかね?

いやはや上⚫さんね、。

 確かにすり替えです

 疑問さんは、上ヶ原の○長さんでしょう?

下の名無しさん

 (ハンドルネーム書いてください。)
 受任するように言いながらだましたのです。
 コミュ二ケーション不足ではありません。
 上ヶ原はそのような裏技が得意なのです。
 組合が反省したから地労委で闘っています。
 問題をすり替えないでください。

今度は

(9)ですか?
奮闘しまくりですね。
http://shinseikiunion.blog104.fc2.com/blog-entry-2556.html

共に闘えることは誇りです

お手伝いさせて下さい。前から病院という誰もが困ったらお世話になる場で、同僚をいじめるなんてことがあるだけでも腹が立っていました。神は細部に宿るといいます。この時代に、いじめに立ち向かうユニオン組合員さんたちと出会えて良かったです。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード