FC2ブログ

病院内の犯罪行為がなかなか表面化しないこと!

兵庫地労委の上ヶ原病院側の準備書面(2)で、平成29年12月頃3階一般病棟において死亡した患者の酸素吸入器の経鼻チューブが切れていた出来事があり、警察が捜査を行った事は認め」ている。同書面は3ページで「「警察が捜査を行った結果、看護師による犯罪行為があったものとされるには至らなかった。なお上記の件は、本件とは何らの関係もない。」としている。

小阪病院では患者が看護師の暴行で内臓破裂で死亡する事件があった。この時も警察が捜査したがなぜか事件にもならなかった。新世紀ユニオンには小阪病院の患者さんから入院時に檻のような部屋に入れられる時、看護師から「殺してもいいんやけどな」等の脅迫をされた、との訴えが届いている。
小阪病院ではこのほか患者の少年が病室の窓が割れ転落死亡する事件が起きている。この病院の窓ガラスは強化ガラスが入っているとされていたが、事実は普通のガラスだった。この事件は裁判では患者の少年がテラスに駆け上がり、飛び降り自殺した事に事実が歪曲されていた。これは小阪病院が当ユニオンに開示した「最高裁書面」で判明したのであるが、あとでこの開示された書面は高裁の書面であったことが明らかになった。この事件も看護師が強化ガラスと思いこんで少年を病室の窓に投げつけ転落死亡した可能性がある。しかし「裁判上の事実」は自殺として処理された。

病院の犯罪が表面化しないのは、医師が病死と死亡診断書を書けば、たとえ内臓破裂で死亡していても「病死」にできるからである。新世紀ユニオンのブログがこうしたことを書くと、平成29年1月に、小阪病院の弁護士から「不法行為に基づく損害賠償請求等の民事上の請求に加え、名誉棄損罪等での刑事告訴も含めて然るべき法的措置を執る所存ですので、改めて通知致します。」との内容証明郵便が送られてきた。しかし未だに損害賠償請求も名誉棄損罪での告訴もない。何故なら事実だから訴を提起出来ないのである。

さて上ヶ原病院の酸素吸入器の経鼻チューブが切られて患者が死亡した事件が「本件とは何らの関係もない。」とする上ヶ原病院側の書面についてだが、これは明らかにおかしい。上ヶ原の不当労働行為の事案は、発端が意地悪看護師のパワハラで正看護師のAさんが3年間助手の仕事をさせられたハラスメント事案である。我々が入手した「上ヶ原スズメ」の話では、意地悪をされた看護師が担当の看護師を陥れるためにやった意趣返しの犯行に違いない」とのこと、双方ともハラスメントという共通項がある。どうして「本件とは関係ない」と言えるだろうか。事実この死亡した患者を担当していた看護師は疑われ、疑惑の目にさらされて退職している。

こうした病院内の犯罪(しかも殺人事件だ!)がいとも簡単にどうして隠蔽できるのか?私は不思議で仕方がない。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

医療も一歩間違えれば怖い。例えば、特殊な菌を撒き散らし、その菌にはA社の薬しか効かないとなると…。A社はぼろ儲けとなる。安心して患者にもなれない時代になっているのかも。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード