FC2ブログ

有給休暇年5日付与が使用者の義務!?

使用者は労働者が雇い入れの日から6カ月間継続勤務し、その6カ月間の全労働日の8割以上を出勤した場合、原則として10日の年次有給休暇を与えなければなりません。
昨年の労働基準法改正によって、今年の4月から年休が10日以上付与される労働者に1年以内に5日取得時期を指定して年次有給休暇を取得させなければならなくなりました。

年休が20日あっても1日も取れない、という話をよく聞きます。年休が20日あれば全部取得できるようにすべきだ、というのが労働組合としての考え方です。年休が10日あれば10日取得させるようにすべきなのです。

こんな法律が施行されれば年休が5日しか消化されなくなる可能性もあります。年休があっても一日も消化されないのを5日に限り強制的に消化させるという考えのようです。この規定には罰則があるので5日の有休消化はすすむかもしれません。しかし本来は1年間に20日の有休があれば全日数取得できるようにすべきなのです。

「働き方改革」と言いながら、実際には年間5日しか年休を取らせなくなるのではないのか?そんな心配をしなければならないのは世界から「働き過ぎ」と言われる日本ゆえの事です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード