FC2ブログ

夫と離婚・死別の女性の7割が非正規労働!

昨日、「労働メモ」を作成した。目に付いたのは朝日新聞の、女性が離婚したり夫と死別すると、7割の人が非正規で最低賃金で働くことになる、という記事だ。

結婚や出産で一度離職した女性は、今の日本では正規雇用に戻るのが難しい。離婚したり、夫と死別した女性が子供を連れて働けるのは非正規しかない。子供を保育所に迎えに行くために長時間の残業が出来ない、ゆえに正規雇用にはして貰えないからだ。

最低賃金の月14万円ほどの賃金で家賃や保育料や食費を賄わねばならないのだ。このことは日本の社会がいかに女性が生きにくい社会かを示している。解雇されて現在アルバイトをして闘っている組合員の女性が「ダブルワークで働いている女性が多い」と話していたことを思い出す。最低賃金だとダブルワークで働かないと家族を養えないのだ。その結果子供が家でさびしい思いをしているのだ。

日本社会で子供の貧困が増え続けているのは、女性が働き続けながら子育てできる環境にないことが影響している。結婚したり、妊娠したら退職強要される社会では労働力が不足し、外国人労働力に頼る社会になっていくしかないのである。日本は男も女も8時間働いて食える社会にしなければならない、と思うのである。

安倍政権は保育料の無料化を行うことを決めたが、広範な市民からは保育所を作るのが先ではないか?との批判が多いのである。子供を預けることが出来ないから働けない女性が多くいるのだ。幼児教育費の無料化は保育所を充実させる後でいいのだ。安上がりの外国人労働力に頼るよりも、設備投資で生産性を上げて、8時間労働で男女とも食える社会にすることを、早急に目指すべきだと思うのである。
「女に生まれて損をした」と言われるような男性中心の社会を改革しなければならないと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

一労働者さんへ

ありがとうございます
もちろん全員正規、全員法律の内輪、全員サービス残業・サービス休日出勤なしを通します
それで生き残って来ましたから
休日出勤は件の彼女に一度だけさせたことがあります
それは取引先のパーティーが土曜日にあり、どうしても来させてくれと懇願されたからです
もちろん取引先は交通費やお土産代までくださいましたが残業手当に上乗せしてすべて彼女にわたしました
以後も、別の従業員でもすべて同じ対応をしています

ただ、私が肌で感じることは
非正規というか、人件費削って利益出す会社はいずれ舞台から去って行きます
大企業だけですよね?人件費削って当たり前に生き残って評価されているのは
中小零細なら儲けるのも一瞬、潰れるのも一瞬です
逆にいえば「大企業じゃないけど働きやすい会社」を探したらあると思います
就職希望者は有名企業や見た目の待遇ばかりに目がいきますから

うちにいた子達には少なくとも条件が悪かったとは思ってほしくないのです
そして、おかげさまでそういう姿勢だからか?困ったときにはどこからか助けがきて、ひいこらしながらも「社長」として14年やってきました
50歳になりました
いまからもう一度同じことはできないでしょうけど、これからも長く勤めてくれている社員の皆さんがもう疲れたから退職します、というまで頑張らなくては
うちは当たり前ですけど定年がないので、彼女ら彼らより僕が先に引退かな(笑)

非正規企業が競争は有利です

 公平な企業競争から言えば、非常勤で最低賃金でこき使う企業の方が競争には有利です。つまり悪貨が良貨を駆逐するように、ブラック企業がホワイト企業を駆逐しつつあるのが今の日本です。
 全員正社員を維持している社長さんに敬意を表します。頑張ってください!

気持ちはわかりますがさんへ

 あなたは特殊な例を引いて、一般的な事を否定しています。あなたの会社はたまたまいい会社だっただけで、朝日新聞では7割の人が非正規なのです。
 私もこの記事を見ました。あなたは7割の人がひど状況にあるのに「書き直しを」求めていますが、それは間違いです。

気持ちはわかりますが

私の会社の従業員にも旦那さんと死別して保育園の子供を抱えてきた方がいました

彼女は大変な努力家で、正規は当たり前、今や我が社の大黒柱とさえいえる素晴らしい方なので
①最初の直感を信じて正規採用
②残業なし、仮ににあっても法律の規定通りの支給+完全週休2日
③お子さんの進学に合わせて特別手当と特別休暇
④13年も勤続していただいていて、条件は全てアップしています。年収は500万円超、早く帰りなさい、休みなさいといってもきっちり仕事をするので、きっちり残業手当をだしてます
お子さんは今や大学生です
奨学金の需給がなくても大丈夫だそうです
また、保育園の頃に一度だけ会った私と私の会社、零細ゆえの小さな会社のレイアウトを覚えているそうです
「お母さんがあわてて迎えに来たりしなくなった」といっていたそうです

当たり前ですが、私はいわゆる零細企業の社長です
本当にまちがいなくそうで、他の従業員もみな確実に法律の内輪で全員正規で採用しています

お願いいたします
シングルは非正規「しかない」のではなく
「そういう企業(零細なので企業といえるかどうか)に出会えない」と代えてください

私の会社は人でもっています
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード