FC2ブログ

労働法について学校で教えよ!

働き始めた人が労働契約法や労基法についてまったく無知であることを知り、驚くことが多いです。
例えばハローワークで見た求人票に期限の定めのない雇用と有ったので働き始めて、後から渡された雇用契約書には期間契約であったりします。この場合すぐさま抗議しないと、雇用契約書を認めたことになることを知らない労働者が多い。

また残業代が払われなかったり、退職する方法が分からないので3万円も払って「退職代行サービス」に依頼する若者が多いらしい。退職の仕方も知らない労働者が増えています。残業代の不払いも退職の手続きもユニオン(=労動組合)に加入すれば全て解決できます、費用も安い(加入金5000円、組合費1ヵ月1%)のに、それすらも知らない実態があります。新入社員が2回も試用期間を違法に延長されていた例もあります。

新卒社員は以下の点に注意して下さい。最近は就職するにあたり10枚ぐらいも書類に署名させられます。保証人署名用紙が2枚、誓約書、前職の退職証明書や、会社機密保全に関する書類、健康証明書、病歴書類などさまざまな書類に署名させられます。これらは会社に忠実な社員を作るために認識上から縛り付ける狙いで署名をさせるのです。そのせいで、ユニオンに加入したので就業規則や諸規則を見せるよう言っても、「会社の書類は見せられない」等と答える無知な青年がいます。

労働組合は、組合員の労働条件等で交渉権・妥結権・争議権(スト権等)を持っています。つまり労働組合法上の代理権を持っているのだから、組合に書類を見せてもそれは会社の機密ではない。会社の機密とは、特許に関する書類、顧客名簿、会計上の書類等のことであり、元々平社員は機密に接することもできないのです。

労働相談で、雇用契約書について聞いても、入職時に雇用契約書を貰っていない労働者が多いのです。改正労働基準法第15条、則第5条で書面による労働条件の明示事項が定められているのに、雇用契約書を貰っていない労働者が多くいます。

また長く働いているのに就業規則を見たことがない労働者が多くいます。会社に請求しても一切見せないソフトハートのような会社も少なくない。つまり労働者を労働法に無知にしておくことで、労働者が法律上の権利を行使できないようにしているのです。こうして日本社会にブラック企業が増え続け、労働者が事実上無権利にさせられています。日本社会の長時間労働と、サービス労働の悪習慣は一向に改善されないのです。労働法について中学校や高校でキチンと教育する必要があります。そうしないと労働者の権利は事実上剥奪されることになるのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

やりたい放題が大学

うちの♪♪大学では、昨今、足の引っ張り合いが日常茶飯事でして、若手の教員がどんどん辞めていきます。教授が学生達を使ったでっち上げハラスメント事件も深刻です。すべては職場環境であり、教授ひとりひとりだけの問題ではないと常々思い、しかし今は陰を潜めています。

先般の教授会で、執行部が「分けて教員がつぎつぎ辞めていくこと」を問題視し、議題に挙げました。

執行部の副学部長の発言にはびっくりです。
曰く、よそ(の大学)の採用募集を受験するのは勝手かもしれへんが、応募しようとする教員は、かならず執行部に報告することを義務付けるべきだ、とか、採用(異動)が決まったら即連絡、最低でも半年前に知らせてもらわんと、こちら(の大学)の次の採用募集が間に合わず、だいじな講義にアナを空けることになるんやから…とか、教授陣を中心に、100名近くの教員が平気で、延々と議論し続けていました。

? ? ?

つまり、だれも労働契約法とか、労基法とか、何~にも知らんのです。すくなくともウチは。。。

もちろん私は何となく知ってますが、若手はそもそも何も発言できない。
これが閉鎖組織の典型やし、そういう独裁組織が罷り通るのが大学の教授会なんです。ずら~っと会議室の脇に並んでいる事務方一同(まるで国会審議と同じ風景)も、公務員とかとは違うんで、執行部にゴマを摺るだけの、時代遅ればかりです。

ここは、江戸時代のお城の中か思うぐらい封建的で、勝手放題なのです。常識など、言ったら最後、ホサれて、ハブられて終わりです。

せめて国公立の大学とかなら、日本全国、定期的な人事異動をさせるとかせんと、風通しが悪くていけません。

労働環境も、アホ達も自分らの保守と居心地の良さばかり追究して、改善されることなどはありませんから。法律があっても、裁判したらたぶん負けます。世の中は強い者の見方をするからです。法律など役にたたんのが、残念ながら今の社会の現実なんですわ。

何とかせねばならんという委員長の御意見は、もちろん賛成してます。

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード