FC2ブログ

昨日ある組合員から出版を勧められました!

何年か前に本を出そうと言うので、ある執行委員の協力でいくつかの出版社に出版について書面で打診しましたが、何処からもいい返事はありませんでした。

今回は、別の組合員がある出版社に自費出版の問い合わせをしてくれました。本日メールで自費出版の案内が送られてきました。この資料については各役員や組合員のみなさんに機会を見つけて開示します。このインターネット時代に「委員長のブログ」の内容で本を出すことに意義があるのかは分かりません。皆さんの意見を集約して決めたいと考えています。

私自身は読書が好きで、大学にいけませんでしたが中学を卒業後働き始め、定時制高校を卒業して、会社を退職し100冊の本を読む目標を果たしてから尼崎の会社に就職しました。それ以来、図書館通いして、自分が知りたいことを自分で学んできました。

私がとりわけ好きな本は歴史小説です。最初に織田信長や豊臣秀吉、徳川家康、坂本竜馬の歴史小説を読み、とりわけ宮城谷氏の中国の歴史小説、またナポレオンやアレキサンダー大王、チンギスハ―ンの伝記も読みました。そこで学んだことは偉大な歴史上の人物は、歴史的使命と類まれな戦略戦術を駆使しているということです。私はレーニンや毛沢東の本も読み感動もしましたが、それよりも歴史小説が好きでした。

労働運動を闘うようになって、この運動の世界で足りないものは科学的な戦術であると強く感じました。反リストラのユニオンの闘いの中で学んだことは、この分野が孫子の兵法を駆使できる分野であるということでした。ユニオンの戦術レベルを上げることが私の目標になりました。私は本を通じて多くを学んできましたが、最近の日本人は本を読まなくなっています。ネット時代に本を出す意義があるのか?そして私のブログが出版する価値があるのか?今でも疑問に感じています。すでにブログで公開しているものをいまさら本にする価値があるのか、という点を考えてしまいます。

自費出版には350万円の費用がかかります。全部の本(2130部)が売れても、トントンです。そんなお金があれば解雇された労働者のために使うべきだ、との組合員の声が聞こえてきそうに思います。組合員の皆さんの意見をお聞かせください。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

安く上げるには

版を組むと高いので,若干仕上がりは悪くなりますが,版下で入稿するとかなり安くなりますよ.
最近はpdfで入稿することになりますが,そうすると遠方でも引き受けてくれます.

なお,ISBNを取ると国会図書館に収蔵されますよ.

電子出版ならそこまでの費用は掛からないと思いますがいかがですしょうか。
アマゾンのKindleなど安くで済むと思います。

出版大賛成

本を出すことの意義は非常に大きいです。後世に、これまでの組合活動の成果が残り、語り継がれるようになるからです。

ネット上の情報は速効性がありますが、長くは残りません。いくら頑張っても、大部分は忘れ去れるものです。何も残りません。

これまでの偉業の数々、様々なノウハウ、事例を1冊の本にマトメれば、ベストセラーになるかもしれません。失敗事例もドンドン匿名で出し、記録に残すべきです。文献となれば、大学や研究貴館でも、きっと研究調査の材料になります。

本が売れれば、組合の運営も、ずっと充実するでしょうし、定期的に行えば、専属の組合職員(パート等)を配置することも夢ではないと思います。委員長の後継者問題も、現実味をおびて来るはずです。

その際は、わたくしも、ささやかながらペンネームでぜひ投稿しますよ。

本を出すのは賛成!

 しかしちょっと高いです。
  安く出せるとこがあるのでは?
 しかし安いところは販路がない場合がありますね。
 本を出している大学の仲間に聞くのはどうですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

 いくつか意見がありますが、まず本の出版に関してもう少し安くする方法があると思います。しかし、それでも200万円を切ることはないと思います。
 ただし、ユニオンの歴史と委員長の自伝を書くことには意味があります。なぜなら、いつ消えてしまうかわからない媒体であるブログなどネット上の「文書」と、物質として残る本との間には、書くひとの責任の度合いが全然違うため、よりよいものが本になるのならいいのではないかと思うのです。
 その上で申し上げますが、本を書くというのは多くの力量を必要とするため、時間と労力がかなりかかります。またユニオンとして書くものですからどうしてもそれなりの内容が必要かと思います。組合活動を総括して、ということならいいでしょうが、日記に過ぎないブログの内容を本にするなら、やめた方がいいです。
 それに対して、労働者が職場で孤立したり、ハラスメントの標的になったときにどう動くべきかをQ&Aであらわすのなら意味があると思います。それを見た労働者が救われる可能性があるからです。Q&Aならいわゆるブックレットというかたちでの出版が可能で、できれば関西の差別問題や社会問題を扱っている学術系の出版社(正式名称は伏せますが「akashi」「kamogawa」など)にかけあい、組合員がそれを購入するというかたちにすれば、おそらく100万前後でなんとかなると思います。たぶんそれ以外には売れませんが、大学や図書館などでは買ってくれる可能性があります。
 あと二刷、三刷と増刷されることは考えないことです。本はそんなに売れません。また印税も放棄したかたちで出版しないといけません。そうじゃないと出版計画そのものが頓挫します。
 委員長が語っているように、図書館で勉強する尊敬すべき労働者は多く、彼は一様に本を買うお金、本をしまう場所、本を読む時間の三つが足りない状態なので、図書館に入ると目を付ける方もいるでしょう。そしてユニオンの活動が少しずつではあっても社会に還元されると思うのです。

 以上、これはあくまでも私の個人的な意見です。ほかの組合員にもお話しをうかがってみたいです。ではでは長くなりましたので、筆を置きます。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード