FC2ブログ

大学の先生たちのリストラの時代!

新世紀ユニオンの相談で増えているのが大学の先生たちを退職に追い込むことです。少子化で学生たちの数が減少していることもあって、大学の任期制教員には苦難の時代、リストラの時代です。

その手口はあばずれ学生を手先にして訴えさせて、責任を追及し退職に追い込む手口が広く用いられています。「パワハラされた」とか「セクハラされた」「先生に会いに行ったがいないことが多かった」中には卒論にかこつけて難癖を付けることまでやります。

多くの先生たちがいま雇止めだけでなく任期途中で退職に追い込まれています。しかも文科省からの助成金が入ったら退職追い込みをしているのではないか?と思われるものまであります。ですから担当している学生の態度が変だな?と思ったら証拠を残すようにして下さい。授業の後で学生に感想文を書かせたり、指導をキチンとして重要な指導の時などでは録音を取っておくようにして下さい。指導に隙がないようにしておくことが重要です。実際に授業でセクハラ発言をされたというでっち上げで解雇され、裁判でも負けて、教職を去らねばならなかった先生もいます。

大学の先生たちが学生の訴えを口実に解雇されると、裁判所は必ず学生たちの味方をします。学生たちの後ろで大学の幹部が操り、嘘の訴えを口実に懲戒解雇されると裁判で勝つのが非常に難しいのです。もし裁判を闘う時は、その前に絶対に労働審判を闘ってはいけません。労働審判は証拠をすべて最初に出すので、裁判に移行すると大学側に手の内が分かってしまい、証拠を偽造されて負けます。実際にそれで新世紀ユニオンのところに来た人が、審判が確定していて闘えなかったことがありますし、審判から裁判に移行して証拠をいくつも偽造されて裁判で負けた人もいます。日本の裁判は傾向としていつも大学側の味方なのです。

大学の先生たちは専門の研究等をしているため陰謀に無防備で、簡単にパワハラやセクハラの犯人にされてしまいます。とりわけ3流大学では学生の質も悪く、大学側の手先になって恩師を陥れることを平気でします。新世紀ユニオンではそのような相談が増えていますので、訴えがなされた時点ですぐ当ユニオンに相談してください。すぐに対抗して反論の証拠を残す必要があります。ボンやりしていると懲戒解雇されて雇用は守れず、退職金すらもらえなくなります。しっかりした先生は全ての授業を録音してパソコンに入れています、個別の学生指導も証拠を残すようにしています。学生との間のメール等はキチンと保存するようにして下さい。証拠さえあれば雇用は守れます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先生は自分の奥さんを「ゆきちゃん」と呼んでいて、いつも仲がよいことを話してくれます。先生のお家でゼミの会をしてくれたり、すごくフレンドリーだから、由紀ちゃん(先生の奥さん)のことはよく知っています。結婚してこんな仲のいい夫婦になるのが目標です。

そうですよね

A先生はたしかにご自分の奥さんを愛していらっしゃいますよね。

奥さんに最低でも毎日10回ぐらいは「愛しているよ」といっているとうかがいましたし、寝る前も朝起きたときも、「愛しているよ」といっているという話を、何度も聞いています。

夫婦仲がよくて、素敵だなと思いました。まさかこれを嫌だと思うひとはいないでしょう。正直いってゼミ生たちは、こういう夫婦になれたらいいなと思っております。

A先生はさらっと書いてますね
毎日愛してると10回いうとか、ゆきちゃんきれいだとか、寝る前に必ずお休み愛してるよというとか

No title

暴行&パワハラ問題とは関係ないのですが
金明秀が在日の姓名の呼称について暴論と称したくなるような内容の妙な熱弁をツイッターで重ねていましたが、
それを覗いてみたのか朝鮮語の専任教員であるA教授は、さらっと端的かつ平易に苦言を呈していましたね。

それだけでどちらの方が教員としての適性や力量があるかというのが示されたような気がします。
それっぽい言葉重ねて強弁繰り返せばいいってわけじゃないですね(笑)。

理解不能

A教授が重傷を負ったにもかかわらず
A教授は被害届を取り下げて示談に応じました。
金明秀は泣きついたそうですが
もし被害者が被害届取り下げずに刑事事件に至っていたらどうなっていたでしょうか?
そのあたりを加害者金明秀は何一つ反省もしないまま逆ギレで居直り続けているってのはどういう事なんですかね?

そして荒らしてた人物は「調査報告書を読め、暴行の原因は不明で通り魔に襲われたのか?」
などという趣旨の意味不明な文言の挑発的コメント連発していましたが
そもそも被害者A教授と新世紀ユニオン関係者の方々は、大阪弁護士会による第三者委員会の書調査報告を直接閲覧する事ができているのでしょうか?
こちらで言及されていない以上未だに開示を拒否されているのではないのかと。
その割に荒らしとして度々現れる人物は何故か
調査報告書を閲覧し把握しているような物言いしていますね。
どういう事ですかね?

中立的な意見

おそらくは関西学院大学のA先生に対する誹謗中傷をして、ブログを荒らしているのは加害者金明秀氏でしょう。彼はA先生に「他大学に移れ」というばかりか、A先生の病気を自分とは関係ないとさえいっています。組合員としてはとうてい受け容れがたいのですが、三歩ならぬ「三兆歩」ゆずって金明秀の意見が正しかったとしましょうか。その場合、金明秀は精神的に病んでいると認識しているA先生を殴り、のどを潰し、その上でブログ荒らしで精神的にも追いつめようとしているという「悪意」しかありませんよね。だから金明秀氏は大学教授以前に大人としてとうてい認めがたい人間であり、そんな人間が大学でひとを教えているということがゆるされないと思います。彼の言い分が正しいかどうか(たぶん金明秀の独りよがりですが)はべつにしても、このひとはダメだと思う。これは一般的な社会人なら誰でも思うことだと思います。

出ていくのは・・

あのさ、出ていくのは「加害者」だよな。考えてみてよ、交通事故の時にさ、捕まるのは加害者でしょ。第一、今時東大教授の方が私大教授よりえらいって、ありえないってば。

兎と亀

小笠原の亀さんのおっしゃることも,一理ありますな。大帝は,自己愛型のADHDを基盤としてまっっさかいにぃ。

けど,幾重にも策を練り,多くの三下を洗脳し,何年も何年も,相手が沈没するまで仕掛け続けてくる極悪ADHD教授が,常々無意識無想に行動していると推認し,放置するわけにはいかんわけで,バレナイように監視し、証拠をトルことで解決策が見出せるかもしれない,と委員長さんや常闇さんはおっしゃりたいんやと思いますよ(亀さんの主張を否定しているんやないので,誤解の無いように)。

敵を知り…云々は,そもそも孫子の兵法の基本のキ,様々なタイプの変質教授を類型化し,分析の上,いずれプレス刷る必要があるんやなかろうか?と奄美の黒兎は思量しておる今日この頃です。

誹謗中傷の書き込みは禁止です

 関西学院大学の教授たちを誹謗中傷する書き込みを削除しました。根拠がなく、ただ悪意ある目的を持った「ブログ荒らし」と判断しました。

No title

ほんとうの極悪教授は、学生を教唆している教授じゃないぜ。「学生を教唆している」という自覚さえない、むしろ「えらい教授である自分の側に学生を立たせてやっている」という自称善人教授だぜ。ひとを陥れるやつって、自分が悪だという自覚さえないからな。

狂った大学教授の責任とは

聖職者たる大学教授が、まだ人生観の未熟な学生達を教唆し、悪の手先に仕立てる。

学生本人達は教授に従うのが正しいと思い込んでるんでしょう。

気の狂った教授に従ったばっかりに、人生を見失い、やがて性格まで悪に染まる。。

周囲は見て見ぬ振りをする。まったく大学は常闇、嘆かわしい世の中です。


それにしても、こういう大学教授は許せませんよなぁ。極悪でんなぁ。放置してはならんよなぁ。

どれくらいいるんかわかりませんが、この際、逐一名前を晒してもええのでは?

No title

常闇の大学界を知る者さんのいうことは正しいと思います。場合によるとわたしのような非常勤も、専任ポストをちらつかされ、ターゲットになった教員(何が理由かはよくわからない)のあら探しをするよう命じられたりします。でもそんなかたちで大学にポストを得ても、実際には「生涯下働き」をさせられて終わりです。どうしてこうなってしまったのか。

大学で学生を操る腐った悪辣教授たち 本当のことです

まったく委員長の仰る通りです。
これがいまの日本の大学の裏の実態です。
仕掛けられはじめると、必ず指導学生たちから胡散臭い、独特の空気が漂いはじめます。 
常々、証拠を残すことが肝要です。

たぶん、実際に悲劇の主人公に貶められない限り、わからないでしょう。
読者の皆さんも、まさかそんなことがと、対岸の火事のように思い、関心も示さないはずです。

だけど世の中には、卑劣きわまりない教授連中が実際にはウヨウヨいて、表向きのご高説とは裏腹に、常に陰湿な策を練り、気に入らない若手研究員に仕掛けてきます。しかも、自身ではなく、依存体質でモラルのない近ごろの悪質学生を複数名、居酒屋とかで悩み相談とか称して接触し、手懐け、洗脳し、仕掛けてくるのです。こういう学生達は、みな目の色が違います。まるでゾンビか、吸血鬼状態でした。某教授に尽くすことを生き甲斐にしはじめるのです。

いっぽう教授の行動理由は驚くほどにシンプルです。単に己の版図拡大、自身の出世と権力構造の維持が真の目的であり、狙われるのは、そういう悪を嫌い、命令通りに悪事に手を染めない、誠実で純朴な、未来ある若手教員たちです。

日本の大学界はとうの昔に腐りはてています。
東○大学なんかを一般人と称して尋ねてみると、すぐにわかります。

志を無くしていない、このブログの読者(若手大学関係や研究機関)の方々、どうぞお気を付けくださいませ。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード