FC2ブログ

甲南大学パワハラ高裁判決の特徴について!

先に高裁判決の主文について組合員のみなさんにお知らせしていますが、多くの方から詳細な判決の内容が知りたい、との要望がありましたので書くことにします。

高裁判決は第1に控訴の趣旨、第2に事案の概要と控訴人の主張、第3に当裁判所の判断、第4に結論、という内容です。

被控訴人金泰虎教授側の主張の概略は
(1)パワハラメールは上司の部下への業務命令である。誹謗仲傷ではない。
(2)被控訴人の精神的被害は一方的思いこみによる被害妄想が原因である。
したがってパワーハラスメント行為に該当しない。というものである。

これに対し大阪高裁は、
①教授が非常勤講師の上司に当たるとの根拠を認めるに足る証拠がない、として「上下の関係には立たない」業務命令に当たるとの被控訴人の主張は前提を欠くとした。

②控訴人が白紙の紙にサインさせて証拠を偽造した点については、被控訴人に対し、「上記確認文書は意に反して作成させられたとの申告が寄せられたことが推認されるから、上記確認文書の信用性は慎重に検討する必要がある」としそもそも控訴人は大学のキャンパス・ハラスメント調査委員会の事情聴取の内容に照らし合わせても、被控訴人の証拠は疑わしい、と判断している。

③判決は、パワハラメールを引用し「なにも言わないでください。わが道を歩きますという意味ですか。」とのメールが「問答無用で、被控訴人が控訴人の意に反する存在であるとして糾弾する趣旨の文言を含むものである。これを指導として正当化し得るものではない。」とした。

④以上から正当な業務の上の指導に過ぎないとする「控訴人の主張は身勝手かつ独善的であると評価するほかない。」とまで書いた。

⑤控訴人の「一方的思いこみによる被害妄想が原因」との主張については、被控訴人の主張が一部しか認められなかったが、判決はその点について、「その事によって被控訴人の心身状態の原因が非控訴人の誤解、思いこみにある事になるわけではない。として上記主張を採用できない、とした。

⑥結論は、損害賠償請求は55万円及びこれに対する遅延損害金の限度で理由があり~原判決は相当、本件控訴は理由がないからこれを棄却する。

以上のように、控訴人金泰虎教授側の主張と証拠は高裁判決でことごとく否定されました。今回の勝訴判決はパワハラ教授側の証拠の偽造を告発して下さった、多くの非常勤講師の皆さんのおかげであり、金泰虎教授のパワハラに苦しんできた多くの非常勤講師の皆さんの支援のおけげです。
ここに深く感謝申し上げます。

近く、パワハラの再発防止、並びに陳述書や証拠に協力して頂いた皆さんへの報復の阻止、等について、甲南大学に団体交渉を申し入れたいと考えています。この交渉で和解が成立すれば、本委員長のブログの甲南大学関連の記事をすべて削除することになります。以上ご報告です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いい忘れ。柳屋とかいう副学長は法学部教授だろ?

コイツ、「さつじん事件」が起こったら、「被害者はやられる理由があった」っつうのか? そうやって授業やってんのか? だとしたら関学法学部はおしめぇだよ。

柳屋君、自分の子どもがイジメられたら「イジメられるようなコトをしたのか」とどやすのかねぇ(笑) 

No title

加害者の「加害理由」なんかきいてたら、イジメはなくならねぇよ。

DV被害者を救う組織では、まず最初に「よく頑張ったね」と笑顔で迎え入れ、抱きしめてあげるという。

たとえば関学で、A先生が殴られた理由があると金明秀はいってるけどよ・・そりぁセクハラされた女性が「そういう女だったから」というのと同じだぜ。

当然、イジメにあうひとに「イジメにあうような人間」といってしまったらおしまいじゃねぇか。犯される女性も「そういう服装だった」といわれたらどうだい? 「さつじん事件」も、被害者がやられて当然というのかね。関学、大丈夫か?

イジメを無くすために出来ること

先日知人からイジメの被害について相談された。被害者が受けた傷は深い。徹底して話しを伺った。たまたま、事件が起きた学校に知り合いがいるので、このイジメ問題の解決を依頼した。イジメやハラスメントは、まず被害者に徹底して寄り添うことが大事だ。おかげで早くに解決にいたり、被害者は再び登校出来るようになった。このことがわかっていない人が教育現場にたくさんいる。今も苦しんでる組合員のために闘うことを宣言する。

わかった、そういうことか

ユニオンが闘っている一連の大学ハラスメント事案は、要するに「女性」が気持ちよく働ける職場かどうかという問題に直結してるのか。小笠原の亀さん、ありがとう!

大学の女性教職員よ、団結せよ!

被害者が逆に組織から追い出されるという話。大学でもそうなのか。でも、組織には女性も多くいるはず。女性がセクハラされても訴えたひとが追い出されるなら、どんなひどいセクハラがあっても女性はたえなければいけなくなる。甲南大学のA先生だけじゃない、関学のA先生も同じ。彼女(あるいは彼)が圧力を受けるのに、大学の助成教職員は加担してはいけない。そんなことをしたら、セクハラで告発することもできなくなる。いまこそ女性たちが立ち上がるときだ。

No title

まずは委員長とA先生の努力が実を結んだあたりはよかったと思います。甲南大学は少しはマシになるかも知れないですね。関学はどうするんだろう。受験生は激減しているし、学長理事長の事なかれ主義はかくしようもない。なにしろA先生(甲南ではなく関学のA先生)はガマンを強いられている。大学全体の雰囲気が悪すぎるのだ。危険タックル問題で学長が嬉しそうに宣言した「かたちだけ」の学生ファーストは、当の学生たちに届いてないのではないか。

比較検討すると

いくつかの大学関連問題に注目している。
甲南大学は、パワハラを認めて和解を探っていた。一方、近くにあるもう一つの有名大学は、未だにおかしな対応をしている。甲南大学がこのあとどのような再発防止策を取るのか見守る。もちろん、要請があれば団体交渉に参加希望である。

サフラジェットより

人は、たとえ全世界を手に入れても、
自分の魂を失ったら、何の得があるだろう?

女性参政権活動家 エミリー デイヴィソンの言葉

みなさんの勇気と行動力の成果

本当に長い道のりでした。金泰虎教授に苦しめられてきたたくさんの非常勤の先生たちが泣き寝入りしないで済むことを勝ち取ってくれました。大学は早くに和解したいのに、この加害者が意地になって高裁にまで訴えました。これで、反省してくれることを望みます。何しろすごく有名な教授なんですから。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード