FC2ブログ

あらゆる分野に支配の手を伸ばす、ブラック企業・伊藤製油(その6)

<安藤は不世出の嘘つき、そして会社の損失源>
伊藤製油(株)は、先に書いた国際部長・安藤隆昭が赤字垂れ流しを続けた2011年度に、設立以来2度目65年ぶりの赤字決算に陥った。当時はリーマンショック余波など収益圧迫要因があり、全社を挙げ販売価格の値上げは勿論の事、経費効率化また削減の努力が求められていた。

一方で、安藤はブラック経営者の異常な支配欲に忖度し他人を生贄の如く踏み台にする企業体質に従い、面倒な仕事を下へ押し付け成果は取り上げ、たまに海外出張へ出ては、また赤字を積み上げる会社に対する背任行為を続けた。他方で安藤は、Aさんの御用組合脱退を執拗に脅迫を交え妨害した。損失原としての赤字累積への経営者の目をそらせ、自身の赤字作りを隠蔽するためであった。

団体交渉で会社が挙げた業績不振要素のうち、安藤の部に関わる事に、輸出販売の顕著な赤字があった。安藤による妨害また脅迫に威圧され続けていたAさん、またKO課長は、円高でも輸出価格の値上げ実績を、着実に積上げた(しかし会社は、頑なにAさんの功績は認めないが)。実態は安藤の懈怠と赤字垂れ流しが、事態を悪化させ続け会社に深刻な損失に繋がったのだ。だが安藤はこれを隠蔽した。

この時に、会社との交渉にあたった社内組合代表は、後に組合員でもあったAさん排除で重要な貢献をした事が裁判で会社からも立証された、NTである。当人はかつてAさんに、安藤の枚挙にいとまない懈怠の一つ:東京支店勤務時、頻繁に架空の商談先を会社に届出、実は私用早退(=サボり)を繰返していた事を、追及もせず擁護した旨を述べた事がある。他の組合員から苦情が出たのか、一応労使協議で切り出し、「安藤君を信用しとる」と反論されるや、素直に撤回したそうだ。

安藤はそれだけ頻繁に商談していたなら、収益に貢献する商売は何らか作れており、甚だしい赤字累積を回避か軽減できた筈である。なぜか?安藤のあらゆる非違行為が容認されるのは会社幹部の愚劣さを証明するものである。これでは赤字の真因を解明し会社の利益に貢献することなどできない。

会社は組合に「危機感を持ち、必死に取組む姿勢が見えない」旨の、経営不振を組合員の努力不足に仕立て上げ責任転嫁するかの発言もした。会社の主張に対し組合は「組合員全員が、危機感を持って挑んだ業務まとめ」なる資料を作り、反論を試みた。しかし部長職が野放図に赤字を垂れ流し全く責任を取ろうともしない、まさに「危機」の最中で、収益改善を鋭意励行した組合員Aさんには、何も聞いていない。中国のことわざに「合わせ聞けば明るく、偏り信ずれば暗し」という言葉がある。あろうことか、会社は安藤の嘘ばかりを信じたのである。

後々に会社から出た嘘まみれの裁判書面に、Aさんが収益改善(=安藤の失態の埋合わせ)に「やり過ぎる位に」取り組んだと課長が述べた記載が、改竄され忘れ残っている。しかし安藤の実績にすり替えられ、逆に尋常ではない赤字の累積を責任転嫁され、課長とAさんの必死の努力は水泡に帰した。そして団交は、安藤の責任は隠蔽されたまま、組合員を失望させる結果に終わった。

このブラック企業・伊藤製油(株)は2013年10月に、新ハラスメント管理規定を施行した。常務取締役であった辻定昭は全社員の前で、「ハラスメントや人権侵害行為を、許さないことを宣言」した。それまで、また後にもAさんを執拗に攻撃し続けた取締役・森田恭行、そして経理総務課長・谷本伸世が相談窓口に任命された。この会社は不当労働行為を含む、ハラスメントのリーダーまた常習犯を、相談窓口に任命する愚劣さなのである。

ところで谷本は、1)安藤のあらゆる非違が容認される特異な社内事情、また2)森田がAさんに難癖を付け賞与の一部を無断減額したが、その動機は、安藤の無節操な経費私用を問題視しつつ前会長に忖度して攻めにくいため、代わりにAさんを虐げたものだった旨をAさんに告げた事があった。また、秋田政継が安藤また森田の擁護も期し、辻を議長そして森田も実行委員に据えAさんを懲戒諮問した懲罰委員会には書記として参加した。Aさんが「パワハラではないか」と指摘したところ、谷本は横を向き口元を隠し、歯をむき出し嘲笑するようなポーズをした。ユニオンも抗議すべく団交を申し入れたが、同社は2度に渡り無視し、吊し上げを強行した。裁判では、懲罰委員会などの議事録を、複数の改竄をした上で証拠提出した。そして証人審問で谷本は、Aさん排除はやはり、ユニオンの組合活動への報復であった旨などを供述した。

組合のダラ幹が規約改定で組合員から報酬を得る事になってから、あからさまな会社側の忠犬に変貌したゆえ、Aさんはやむなく社内組合には籍を置いた上で地元ユニオンに2重加入した。驚くべきことに御用労組の組合活動は、秋田個人の感情を侵害した事への、反省と謝罪をAさんに表明させ,屈服させる事であった。
Aさんへの懲罰委の目的は、安藤による『「社長(秋田)がつくった組合」を脱退すると、様々な嫌がらせで不利益を蒙った後に、排除される』旨の迷言のうち、「秋田がつくった」部分は嘘であった事がユニオンにより暴かれた。(忠犬組合のNTが即座に認めてしまった)会社の隠蔽、また労働者支配に屈服しないAさんの存在が極めて不都合だったので、排除したかったのである。

かつて四日市商工会議所で秋田政継の前に副会頭、また地元一部上場企業の取締役も務めた伊藤製油の前会長は、2015年12月の納会で「改竄が世間を騒がせたが、当社では改竄はないと報告を受けている」などスピーチし、全役員と社員にコンプライアンス徹底を念押ししたが、後に取締役となった駒澤謙史が主導した検査データ改竄、並びに不正販売は続いていたと言われている。

全ての支離滅裂な事例が示しているのは、伊藤製油の幹部たちが会社のコンプライアンスなどまるで眼中になく、私的利益の為、最高経営責任者への忖度と、欺瞞的パフォーマンスを繰り返していたのである。伊藤製油は会社のために悪と戦うAさんを解雇したが、その事によって自ら社会的信用を完全に無くし、会社の腐敗を促し、経営を危うくする方向に大きく舵を切ったのである。(続く)#秋田政継 #伊藤製油 #四日市商工会議所 #懲罰委員会

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カラ●○

カラ出張して処分された方は、知っていましたが。X長さんになった人ね。

今後も楽しみ

支配に屈服しない姿勢、素晴らしいです。応援してます!Mさん。

元商社マンの反論(予想)3

もうね、僕は、何回も商談した事にして実は訪問してない(から業務日誌も取引もないかもだね?)会社なんて複数あったりなんだけどね、ひとつSKさんかA君が行くって聞いてドキドキしてたんだけど、「伊藤製油さん、何年ぶりですか」って言われちゃったみたい。。。
でもね「社長がつくった(事にされてる)組合」のNT君が、僕を庇ってくれたから怒られなかったんだよね。僕の上司だったSKさんも辞めちゃったし(社長に退職強要されたのに、自己退職した事にされて)。
だからね、私用早退(=サボり)だなんて、誹謗中傷だよ!

あらゆる分野に支配の手を伸ばす、ブラック企業・伊藤製油(その5)から引用した下んととあわせて読んだら怖くなる御用組合ですね。

会社が「誰が、そんな事を言うとんねや」と糾せば~~~「●●部の◆◆歳位の人です」と答えた事を、書記長DKが臨時大会で発表するなど、労組の体をなしていない。

DK?鎌倉大輔?
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード