FC2ブログ

フリーランスと言う働き方について

「フリーランス」とは、会社や組織に所属することなく、個人で仕事を請け負う働き方のことを指します。求められる技術やコンテンツを契約ごとに提供し、その対価としての報酬を受け取るというシンプルな契約形態です。「フリーランス」の語源は中世ヨーロッパにおける個人の傭兵をさす「フリーランサー」から、組織に属さない個人請負人をさす「フリーランス」の言葉が生まれたのです。

自己の経験や専門技術等を活かして仕事を行うのであれば、職種に関係なく、誰でもフリーランスと名乗ることができます。どんな仕事を引き受けるかは自分の選択次第ですが、受注から納品まですべて自己責任で完結させることが求められます。 個人でこなすことになりますので、専門技術とは別に、営業、タスク管理、経理、雑用など、業務に関わるさまざまな管理能力も欠かせないものとなります。つまり「フリーランス」とは個人事業人(=個人下請け)のことです。

ところが労働相談を受けていて「自分はフリーランスだ」と言う人が最近増えてきました。ところが話を伺うと、会社の社員だが社会保険もなく、雇用契約書もなく、しかし毎月給料を現金で受け取っています。給与明細もありません。しかも会社は税金も支払っていません。

つまり、雇用保険も加入せず、健康保健も自分で支払う、税金も払わない、つまり会社の費用価格を節約するために、また中には最低賃金法違反を咎め立てされない為に「フリーランス」を名乗らせる経営者が増えています。

こうした場合、我々は個人事業主として事業を請け負いでやっているのか?賃金を毎月受け取っているのか?仕事の上での必要な資材等は誰が出しているのか?仕事上の指示は誰がしているのか?等で、労働者なのか?それとも個人事業主(=個人下請け)なのか?を見ることにします。

労働相談でわかるのは「自分はフリーランスだ」と言う人の多くが、実際には労基法上の労働者であり、したがって脱法的雇用契約関係の中で仕事をしています。#フリーランス #個人事業主 #労基法の労働者 #個人請負
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

悲劇です

無知の涙を思い出しました。
使用者・資本家にいいように利用される。
労働者が健全に働き暮らしていけるのに
は、学習そして教育が必要で、そのプロパガンダがユニオンとしてのタスクだと思います。

脱法的労務管理か

 よくわかりました。ありがとうございました。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード