FC2ブログ

看護師が不足する理由はパワハラが原因だ!

本日の朝日新聞の報道によれば、厚生労働省は30日、看護師や准看護師などの看護職員が2025年に全国で6万~27万人程度不足するとの推計を発表した。不足数は東京で4万2千人。大阪で3万7千人だという。

報道では、厚労省は看護師養成のあり方や復職支援、地域偏在の対策を検討する、と言う。つまり厚労省は看護師不足の原因すら理解していないのだ。看護師の職場ではパワハラが激しく、新人に仕事を教えない、わざとミスをやらせていじめ抜く、だから看護師資格を持っていても看護師として働きたくない人、働けない人が大勢いるのだ。

新世紀ユニオンの無料労働相談でも、若い看護師さんから「職場で仕事を教えてくれない」との相談が多く来る。また職場ぐるみの嫌がらせの相談も多い。

新世紀ユニオンが兵庫県の上ヶ原病院で経験した嫌がらせによれば、組合員のAさんは次のようなハラスメントを受けた。
①新人指導を放棄し、何も教えない。
②医師から応援を呼ぶよう言われたので連絡しに行くと、あとで無断で職場を放棄した事にされた。
③他の看護師の投薬ミスだったのを「配薬の薬を飲ませるよう」言われたので、飲ませたら配役ミスまでAさんのせいにされた。
④他の看護師から机の上の水を酸素加湿器に入れるよう指示されたのでいれると、その水が「吸入液だ」と騒がれAさんのミスにされた。

このような罠のようなミスをしかけ、その度にAさんはヒヤリハットを書かされ、こうした捏造とも言えるミスを口実にAさんは正看護師の資格があるのにオシメ換えや痰壺の洗浄など助手の仕事を3年間もやらされた。
⑤また他の人のミスまで、Aさんのヒヤリハットに書き加えられた。こうしてAさんはヒヤリハットが多い看護師にされ、助手の仕事ばかりやらされたのである。上ヶ原病院では師長達が「ヒヤリハットは辞めさせるのに便利なのよね」と会話している。
⑥またAさんはユニオンに加入し活動しはじめたら、看護部長や師長が退職届を書けと圧力をかけ始めた。
⑦また団体交渉で正看護師として扱えと要求したら、その後で職場の詰所会で吊るし上げられAさんはうつ病を発症した。職場での執拗ないじめがうつ病の原因であったが労災認定は却下された。。

上ヶ原病院ではこうした看護師のパワハラが放置されており、その矛先が患者にまで及び、患者の酸素吸入管が何者かに切断され死亡する事件も起き、担当看護師が辞職に追い込まれた。職場ではいじめの反撃だと噂したが、警察が捜査したが殺人事件には何故か?ならなかった。
これらは多くの看護師の職場で普通にあることなのだ。

日本にはハラスメントの法律が出来ても罰則が無いので、パワハラを防止する力が無い。だから看護師の資格があっても病院では働かない人が多いのである。以前国立大学の看護学の先生に、看護師のパワハラについて原因を聞いたことがある。その女性の準教授は「看護師の組織を作ったのは昔の陸軍であるために、いじめが体質のように今も残っているのだと」答えられた。

日本では、フランスのように、パワハラすなわち精神的暴力が刑事事件であるとの法律が無いため、精神的暴力が野放し状態だ。フランス人精神科医のマリー=フランス・イルゴイエンヌ氏がいう「モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする」と言うのは、私は真理だと思う。

看護師不足も、職場でのうつ病が多いのも、問題は精神的暴力を刑事事件とする法律が無いことに原因があるのだと指摘したい。
#看護師 #パワハラ #ハラスメント #精神的暴力
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード