FC2ブログ

ブラックの名門・伊藤製油、経営の基本は「嘘」「隠蔽」「排除」?

<あらゆる分野に支配の手を伸ばす、ブラック企業(その8)>
既報通り、伊藤製油(株)の管理職また組合幹部らは、能力が及ばない仕事を、英語力また相応に海外と直接交渉し収益を上げる技能を持つAさんに押し付けては、成果だけを吸い上げていた。一方で新旧の社長そして四日市商工会議所の要職でもあるブラック経営者・秋田政継と辻定昭は、会社の損失源『安藤隆昭』が無能また懈怠の隠蔽を画した不世出の嘘に騙され「Aさんは、新卒の新入社員レベルの仕事しかしない」と蔑視、取巻きE藤は他の社員の前で幾度となく「大した仕事をしていない」など非難し続け、Aさんに過度の心労を課し鬱病に追い込んだ。

使用者の義務:安全配慮措置どころか聴取さえ行わず、秋田政継は(直接、Aさんに述べた話によれば)自動車事故で患った鞭打ち症の痛みで深酒を続け、アルコール依存症を患い入院した経験に基づく、誤った治療法をAさんに命じていた。なおAさんはかつて、安藤に「ある目的」のため、秋田の運転免許証を英訳させられた。課長に報告すると、免許発行時期が不審だと言われ、秋田が上記入院の前にも病気療養と称し欠勤していた間に、免許証を取得していた疑いも持ち上がった。秋田政継は、このように複数の黒い嫌疑が付きまとう人物なのである。

秋田政継は、Aさんの所属していた「国際部」元部長SK氏が有能であるが故に嫌悪し、さんざん同氏の提案を却下する等しては、海外拡販を妨害していた。部長が安藤に交替する事が決まるや、前会長の後輩であった安藤を持ち上げ「海外営業力の強化」と称し、Aさんらを四日市本社へ転勤させた。そして「安藤を長とする新体制が、皆の給料も稼いでくれるようになる」旨を、吹聴した。しかし社内は、先に書いた特殊技能を持つ社員に当然の如く仕事を集中的に押し付ける、救いようのない他者依存体質である。ましてやAさんは、鬱病が完治したとは会社に申告もしていない。秋田政継の吹聴は、アホの妄言に他ならないパフォーマンスであった。

気鋭の(筈が嘘だった…)安藤は、部下に指針を示し采配を振るう事さえなく、むしろ経理など他部署の輸出入事務を「自分の部で受ける」と述べては取り込み、KO課長やAさんに押し付け、「国際部が代行までしてくれる」と安易な期待を、さらに増長させた。会社は、事務代行のため安藤らを異動させたのではない。「無償代行サービス」営業は、安藤の無策また無能を隠すためであった事は、言うまでもない。課長やAさんは拡販の推進どころか、毎日殆どの時間を事務処理に取られ、合間に、ごく限られた営業活動しか出来ない事態となった。

課長とAさんが是正を求めるも、安藤は「僕は全部出来るから」と述べては何もせず、派遣社員のS氏にも押し付けた(S氏の契約職務は、国内営業事務の筈だったのだが)。そして当人は、勤勉かつ真剣に取組んでいるかの嘘で経営者を騙し、一方で1)経費削減の社内通達を取引先へ誤送、無用のカラー印刷を多用、2)業務時間中に「クックパッド」のような自炊メニューサイト検索に嵩じる。3)営業活動・実績の報告資料は、課長またAさんに作成させる、そして4)本人曰く「本社は、息が詰まる」ので頻繁に職場放棄し、長時間の散歩に出るなどしたい放題を続けた。

当然「皆の給料も稼ぐ」以前に、その兆候さえ表れない。開発部MIが実務者会議資料に、まるでAさんが懈怠しているような記載をするなど、社内の国際部への安易な期待は懐疑に変わりつつあった。再び課長とAさんは安藤に状況を説き改善を求めたが、サボりを続けていれば当然、何ら案も出ない。不可解にも「こんなに馬鹿にされたのは、初めてだ」と激高、まるで部下にパワハラを受けたかのように経営者に密告、自らは庇われ、Aさんらが睨まれる事になった。

難を逃れた安藤隆昭はその後、Aさんの忠犬組合脱退の妨害、また目も当てられぬ醜い赤字垂れ流しに、邁進した。その不始末を処理すべく、輸出価格値上げまた物流経費削減に奔走させられた課長とAさんの人事評価を下げる事で、赤字の責任を分散・転嫁し、再び保身を図った。Aさんは、当時の組合に呆れ脱退表明し、安藤がその理由また脅迫的な慰留に動じないAさんの姿勢につき一貫して会社に嘘を報告していた事も、「騒ぎを起こした」と減点理由にこじ付けられた。

課長は評価を、ほぼ最低点にされた。当人は過去に東京転勤した際、ご家族の事情を気遣い「いつ転勤から、本社へ戻れそうか」見込みを聞いただけで「会社に指示をした」と騒がれ、既に恒久的な排斥の対象にされていたようだ。この時は安藤が自らの点数稼ぎのため、ブラック経営者にあらためて不利益査定をさせ、異常な支配欲を自己満足させる材料を与えた事になる。

ところで秋田政継は、安藤を信じ込みまた前会長に忖度した、妄言パフォーマンスの失敗を責任転嫁する別の対象を、血眼になって探していたのだろうか。安藤の元上司・SK氏に退職強要し、自己退職させた。有能ゆえに目障り、また秋田が海外拡販また下地作りを妨害し遅れさせた証人を削除し、これまた愚劣にも、退職理由を本人氏名より大きな字で「自己都合」と書き社内掲示し、失態を周到に隠蔽した。

かつて経理総務担当の立場で知り得た「隠し事」を社内、特に組合員に口外させないため御用組合加入を「免除」されていた谷本伸世は、Aさんに何度か、安藤隆昭は「前職が会長と同じ」という事だけをもってか、あらゆる非違が容認される旨を漏らすと同時に、前会長の退任後は「会長色の一掃(谷本の表現)」として社内は一気に、安藤の制圧に動くだろうと述べた。しかし裏腹にブラック企業・伊藤製油は、御用組合ダラ幹・釣谷法正までもがブラック経営者の意を受け、会社の損失源に他ならない不世出の嘘つき:安藤を庇い、組合員であったAさん排除に顕著な活躍をした。

このように伊藤製油経営陣は、人を見る目が無く、問題に対し「合わせ聞けば明るく、偏り信じれば暗し」という中国のことわざすら理解せず、したがって悪がのさばる社内体質となっている。指導部が能力の無い損失源を評価し、能力があり仕事ができる社員をデマで追い出すことを繰り返しており、海外販売における複数の恒常的な不正の疑いもあり、もはや海外拡販どころか輸出先からの信用も失い、腐敗と悪評は定着し、人材は枯渇し、倒産へまっしぐらに突き進む事態となっている。(続く)
#伊藤製油 #秋田政継 #ブラック経営者 #嘘 隠蔽 排除
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

倒産へまっしぐらに突き進む事態

お父さん今、どの辺りですか?
高槻?三田?八尾? じきにラストスパートかもですね。

ブラックの名門?!

言い得て妙かもしれませんね。

海外販売における複数の恒常的な不正の疑い

相当ハイリスクと思います。法令が日本と違いますので行政罰もかなり重いものとなりかねません。伴い輸出先から巨額の賠償請求もされうるのでは?
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード