FC2ブログ

子供から大人まで、なぜいじめ自殺が多いのか?

最近ニュースで「いじめ自殺」事件がたくさん報道されているので、「いじめ自殺」で検索して驚いた。小学生から中学生、高校生から大学生、そして大人、外国人までいじめが原因で自殺している。あまりにもいじめによる自殺が多いので、いちいち具体的に紹介できないほどだ。

新世紀ユニオンの事案でも、職場でのいじめの酷さは異常で「リストラ相談」の多くがパワハラ相談になっていることでもわかる。取締役が何年も仕事を取り上げ、いじめを指導し、職場ぐるみでいじめをやる「JICネクスト」のような会社もある。指導能力が無いので見せしめ的ないじめを取締役が指導するのだ。賃金を払い続けながら何年も仕事を取り上げる、まさにパワハラ会社は株主への背任行為をやっているのだ。

いじめて自己退職に追い込むのを法律が事実上容認しているのが実際だ。パワハラの法律が出来ても罰則が無い。つまりザル法だ。日本社会では精神的暴力が容認されているのだ。この大人社会のいじめが子供の社会に反映して、子供の中でいじめが氾濫するようになっている。しかも教師も校長も、教育委員会も無責任で、問題解決の能力が無い。子供は自殺するしかないまで追いつめられるのだ。いじめで人格的に潰し殺す。これを阻止できない社会になっているのだ。

職場のパワハラでうつ病になり、労災申請しても認定されることはない。大阪の労働基準監督署は無能官僚集団だ。いじめで過労死しても、うつ病になっても労災認定されるには裁判が必要だ。肉体的暴力も精神的暴力も人を死にいたらしめる点では同じだが、いじめは日本、(とりわけ大阪では)犯罪ではない。人を人格的に潰して殺していく、パワハラはまさに刑事事件なのだが、日本ではやりたい放題だ。職場も学校も指導者に認識論が理解出来ないバカ指導者ばかりで、指導能力が無いのだ。だからいじめで見せしめにするのだ。

首相夫婦が国家財産を私物化し、それがばれそうになると証拠隠滅する。大臣が「セクハラ罪という犯罪はない」と恥知らずにも言うのだから、国自体が腐敗している。官僚も会社組織も学校や教育機関も腐っている。なぜ罰則付きのパワハラ防止法ができないのか?加害者の法的責任を明確にすれば解決する問題なのに、それができないのはまさに政治の問題であるとしか言いようがない。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

大事なこと

本当に悲しいことです。戦争でたくさんの生命が失われた。一人の生命は地球よりも重い という言葉が聞こえて時期もあった。
イジメは大人になれていない人たちがするものだと思っていた。今は大人になれない人たちばかりになりつつある。
政治家たちが自己責任といい、平気で弱者を切り捨てようとしている。勝ち組み、負け組み なんてひどい言葉。人間は助け合い、慈しみ合いながら生きていく生物だと思う。我が子だけ、幸せになることではなくて、社会が助け合い、安心して暮らせることこそが大事。どの人も大切。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード