FC2ブログ

善意はなかなか相手には伝わらない!

アフガニスタンで用水路の建設事業を進めていた医師の中村哲氏が現地の住民に銃撃されて殺された。アフガニスタンの人達が豊かになる事業だから、殺されるとは本人は思いもよらなかったのではないだろうか?

ところが用水路に使う川の下流で生活する人達には、上流で川の水が用水に流されることは死活問題であったのだ。つまり無私の援助であっても、現地の人達には、そこの特殊な矛盾関係が形成されており、自分たちの水利権が犯されるとなれば、その用水路計画を実力で阻止しようとする衝動が生まれる。

私も同じような経験がある。甲南大学のパワハラ裁判で部分勝訴し、大学側が慰謝料を支払ってきたので、再発防止の名目で団体交渉を申入れ、その後ブログの関連記事を善意で削除する予定であった。ところが甲南大学側から「ユニオンの組合員の名前を明らかにするよう」求める書面が送られてきたので、団体交渉を取り消すほかなかった。

こちらは善意でブログ記事を消す、その為の団体交渉であったのだが、相手は新世紀ユニオンを「金目当ての交渉」ぐらいにしか見ていないのだ。新世紀ユニオンは同じパワハラ事案で暴力教授を処分しなかった関西学院との違いを浮き彫りにしたかったのだが、善意はなかなか相手には伝わらないのである。何故か、それは相手の大学には弁護士が付いており、弁護士は事案がこじれる方が金儲けできるので、円満解決はできにくいのである。

同様のことは関西学院にもいえる。暴力教授に何らかの処分をしてもらえれば、被害を受けた組合員の再発防止もでき、今後の職場での安全を担保できると考えて、管理責任を大学に問うたのだが、相手は「金狙いだ」と解釈して、愚劣にも大阪弁護士会に頼み込み、弁護士による第3者委員会を組織して、暴力を無かったことにした。本人の暴力への謝罪文や、慰謝料を支払った事実があるのに、姑息にも弁護士は円環な解決を潰したのである。

大学の管理者達は腐敗しており、その腐った考えを物差しに考えてくるので、なかなか円満な解決ができないのである。甲南大学の場合、原告の(被害者の)A先生の名前は明らかになっており、ユニオンのブログを見れば、A先生が組合員であることは明らかだ。大学側はそのほかにも組合員がいると考えて姑息な要求を持ち出して、ブログ記事を消せなくしたわけである。バカとしか言いようがない。

甲南大学側は、加害者の金泰虎教授が大阪高裁に控訴したのに対し、A先生が弁護士を使わずに控訴答弁書を書いて、非常に多くの非常勤講師達の陳述書を提出したことから、新世紀ユニオンの組合員が甲南大学に多数いると考えて恐怖したのである。こうして新世紀ユニオンが善意でブログを消し、円満に解決しようとしたことは潰されたのである。

私は労使間の関係は互いに相手を必要とする「対立面の統一の関係」にあると考えている。だから争議の解決はいつもブログ記事を消去することで終わりとしている。しかし、その善意が大学関係者にはなかなか伝わらないのである。
#医師の中村哲氏 #甲南大学 #関西大学 #対立面の統一の関係 #ブログ記事削除
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

金明秀はハラスメント行為と闘っていると主張してきた。自分を絶対善(上から目線)だと思ってるわけだ。でも上野詩織さん勝訴に対し、金明秀は黙っとる。たぶん「ひとのこといえない」のだと邪推。金明秀、おまえセクハラやったんだろう?

教えて金明秀先生

 あなたは大学に暴力事件を隠ぺいしてもらったのに、なぜお怒りになってブログ荒らしまでしたのですか?
 大学に守ってもらったのに、なぜ新世紀ユニオンを敵視するのですか?教えて!

No title

金明秀は最近Twitterで、「子供や家族のために料理をつくっている」と料理ネタを書いている。でもこのひと、つくった料理を食べた子供の感想などについてはいっさい書いていない。実際は西宮のアパートに住み(交通費不正受給)自分のために自炊しているだけだろう。あんな人間の子供は苦労するだろうね。

相手が悪すぎる

 関西学院の場合は、相手が悪過ぎて初めから善意が通じる相手ではないですね。金明秀暴力教授をかばうのですから、すごい大学です。多分仲間なのでしょう。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード