FC2ブログ

大阪市の窓口でパソナ契約社員が公金着服!

新聞切り抜きをしていて、「しんぶん赤旗」の記事で、大阪の窓口業務で大手人材派遣会社パソナの契約社員が、八尾市で徴収した住民票などの証明書発行手数料を約1400万円公金着服していた事件が起きたとういう。同紙によれば大阪市の大正区役所でもパソナ契約社員が窓口で公金を着服した事件があり、その社員の着服は17年度246万円、18年度735万円と年年増大していたという。

公共サービスの民間委託は、総務省が「民間事業者の創意工夫を活用する」との名目で全国に拡大しており、それに伴い公金着服が蔓延(まんえん)していることが明らかになった。市民の現金を扱う市の窓口に派遣社員を使うことが、金着服のまんえんを引き起こしているのである。

大阪府・大阪市の行政を「維新」が握ってから行政は腐敗が進んでいるように見える。大阪都構想も住民投票で否定されたのに、再び投票をするとの動きもある。大阪都構想は合理的なように宣伝されているが、税収の多い大阪市の税金を他の市の箱モノをつくるために使う狙いがある。東京市の市民も、自分たちの税金を都になってから周辺部に使われることになった。

カジノの構想も、アメリカのラスベガスの業者をもうけさせることで、自分たちの利権にしようとの政治家の狙いがある。地下鉄の民営化も新たな利権をつくる狙いがある。維新の「改革」とは、利権の再配分に過ぎないと言わざるを得ない。

窓口業務まで民営化して安上がりな労働力に委託すれば、公金着服で逆に高いものになるいい例だ。公務員の賃金に比べて同じ仕事をしても派遣社員は賃金が安い、そこに公金着服が起きる原因がある。安上がりな労働力は教育も行われておらず、どうしても労働の質が低下する。民間委託で儲かるのは派遣業のパソナだけで、ツケは市民に回されることになる。派遣会社のパソナは悪名高い竹中平蔵が取締役会長をしている会社だ。

利権屋の「維新」がなぜ大阪で人気があるのか理解出来ない。たぶんそれまでの自民党政治が悪すぎたことと、「維新」の本質を自民党など野党が暴露できていないせいだと思う。私は市制に介入する気もない、ただしきれい事を並べて市民を騙すやり方は気にくわない、特に民間委託は日本社会の劣悪化を促しているという点、非正規化を促しているという点で支持できない。大阪にカジノをつくることも反対だ。悪政で大阪の街が劣悪化するのを見るのは忍びがたいだけだ。
「維新」にはカジノと民営化と民間委託をやめてもらいたい。そうしないと必ず府民・市民の反撃を受けるであろう。
#民間委託 #公金着服 #維新 #利権の再分配
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

いわゆる非正規化だな!

 パソナをもうけさせるだけで、ひどい話だな。
 なるほど、維新は利権の再配分の政党なのですね!
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード