FC2ブログ

誰が誰を搾取しているかを見るべきだ!

トランプ大統領は「貿易赤字は日本が我々の金を奪っているのだ」という、これはおかしい。日本は過去20年間アメリカとの貿易収支は黒字を続けている。一方で日本では過去20年間で労働者の平均給与も世帯当たりの平均所得も下がっている。他方アメリカの世帯所得は20年間で10%増えている。これはどういうことだろうか?

アメリカは世界通貨としてのドルを発行している。この印刷した紙きれ(=ドル)で、アメリカは日本の商品を買う。日本は貿易黒字が増える。アメリカは日本に財務省証券(国債)を買わせることでドルを還流させる。米国債はドル安傾向の下では紙切れとなっていくのでアメリカは元本を払う必要はない、つまりアメリカは対価なしに貿易黒字国を搾取することになっているのである。

つまり、トランプ大統領の言う「貿易黒字国は我々の金を奪っている」と言うのは間違いなのである。富を奪っているのはアメリカの方なのだ。だからアメリカは過去20年間で、平均所得が10%も伸びているのである。

日本の労働者の実質賃金が下がり続けているのは、労組が家畜化し、賃上げのストライキを打てなくなった結果である。日本の労働者は闘える労働組合を作り上げることから始めなければならないのである。日本の金持ちと大企業は富を安倍政権の間に2,5倍に増やしている。労働者が貧困化しているのと対象的なのである。

ところで労働者の賃金が上がらないということは、日本の個人消費が縮小することであり、それは国民経済が縮小再生産のサイクルになるということである。これがデフレである。つまり強欲の資本主義は国民経済を貧困化していくのである。

新世紀ユニオンは労働者の雇用を守り、労働条件を守り、闘う労組の再建を目指しています。一人でも入れる無党派の労働組合です。労働者の団結した力を強化しない限り、日本の労働者の賃金は低下し続けることになります。労組の弱体化は日本経済の弱体化でもあるのです。アメリカは従属国の日本を搾取し、日本国内では金持ちと大企業が、労働者を搾取しているのである。
#貿易赤字 #米財務省証券 #強欲の資本主義 #労働者の貧困化
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード