FC2ブログ

職場のパワハラで悩んでいる人へ!

企業が「能力主義」で労働者間の競争で搾取を強化する方針に転じて以降、職場でのいじめ、パワハラ、セクハラによる人格権侵害が増えています。またリストラ狙いのパワハラも増えています。

新世紀ユニオンでは早くからこうした問題に取り組んできました。いじめ、パワハラ、セクハラに直面している人は、こうした問題を解決するには、まず初めに証拠を残さねばならないことを知ってほしいと思います。

パワハラ・セクハラには証拠が必要 


パワハラの証拠は、心に傷を受けた証拠の診断書、パワハラを友人に相談した証拠のメール(間接証拠)本人に抗議した録音などでも証拠になります。パワハラ事案では証拠がなければまず闘えません。

なぜなら企業にパワハラを訴えても解決することはほとんどなく、団体交渉をしても「パワハラはなかった」と主張してくるのがふつうです。裁判になっても日本の場合は慰謝料がアメリカに比べけた違いに少ないのが現実です。それでも証拠があれば裁判費用を上回る慰謝料を取ることは可能ですから、あきらめずに当ユニオンに相談してください。

 慰謝料の相場について


パワハラの慰謝料は日本の裁判では、これまでは50万円~150万円が相場ですが、最近は福岡高裁で2000万円で和解が成立するなど、高額の例も出てきています。特にパワハラで仕事を辞めなければならなくなった場合や、精神疾患になった場合はその休んだ間の賃金の請求が認められるようになってきました。

 以下の解決策を目指します


当ユニオンではセクハラで420万円で和解した例もあり、いじめ、パワハラ、セクハラに直面している人は、ユニオンに加入して以下の解決を目指してください
①いじめ、パワハラ、セクハラを止めること 
②会社の管理責任として加害者を処分すること 
③被害者への補償 
④再発防止措置を取る
以上のことを、ユニオンで交渉することができますし、宣伝で加害者に恥をかかせることもできます。泣き寝入りでは絶対に解決にはなりません。職場の矛盾は闘うことでしか解決できないのです。
新世紀ユニオン新ホームページ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード